2015.03.23

紫外線が本格的になる前に!今から食べたい「透き通る白い肌」を作る食べ物


こんにちは!ネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。
「美白」「美肌」は永遠のテーマですね。色の白いは七難隠す、と言われ、色が白いだけでも美人度がUPすることは間違いなしです。これからは、どんどん紫外線が強くなる季節。シミが出来たり、くすみがひどくなったりする前に、食べるだけで美白してくれる食物を多くとって、紫外線対策を万全にしておきましょう。

大切なのは色素沈着する前に排出すること

美白のために必要なことはシミやくすみの元にもなるメラニンが活動を初めてしまう前。活性酸素を取り除いてその動きを抑える、抗酸化作用を含んだ食物をたくさん摂ることが効果的です。
陽を全く浴びないのは難しいので、美白効果のある食べ物をたくさん取り入れて綺麗な肌を保ちましょう。

代表的なのはやっぱりトマト

トマトにはリコピンが含まれていてとても強い抗酸化作用があるのは有名です。美白に効果的なビタミンCは水溶性で体外へ排出されるため食品で毎日摂取し続ける事が理想的なのですが、同じ物を毎日食べ続けるのはやっぱり飽きがきてしまうもの。
プチトマトなら色んな種類を常備しておけば、野菜として食べたり、甘みが強いものはヘルシーなおやつ代わりとして食べることができます。
トマトジュースでもOKなので、なるべく毎日トマトを食べるようにしましょう。
また、トマトに含まれるリコピンは油に溶ける性質を持っているので、油と一緒に少し熱を加えるだけでもトマトの細胞壁が壊れて栄養が溶け出し、生のままよりも効率良くリコピンを摂取することができます。トマトスープやトマト焼きなど、色々と工夫して楽しくリコピンを摂取しましょう。

紫外線を浴びる日は要注意!キウイやグレープフルーツ

キウイは酵素がとても豊富な果物で、酵素には代謝をよくしてくれる働きがあります。代謝を良くすることで肌のターンオーバーが正常に行われるようになるため、美白にも大きな効果があります。また、キウイには抗酸化作用もあってアンチエイジングにも効果的、さらにビタミンCもとても豊富な果物です。
グレープフルーツも同様で、ビタミンCがとても豊富なのですが、これらのフルーツには「ソラレン」という紫外線を吸収しやすくする光毒性物質が含まれています。
そこに気をつけさえすれば、とても肌にいいフルーツなので食べないのはもったいない。なので、ソラレンが体内にある状態で紫外線を浴びることの無いよう、夜のデザートとして食べることがおすすめです。

クレオパトラも食べていたはちみつ

はちみつには、L-システインというシミのもととなるメラニンの排出を助ける効果があるとされる物質が含まれているので、美白効果は絶大です。ミネラルも豊富で、直接肌に塗っても効果を感じられる上、甘すぎなくて食べやすいのが特徴です。カロリーも低いので、お砂糖代わりに使うなど、ダイエットも兼ねて積極的に食べて行きたいですね。

美白食品の王道ヨーグルト

メラニンの合成を防ぐと言われている「セラミド」。美白作用もありますが、シワの予防にも効果的と言われています。このセラミドが多く含まれている食べ物といえばヨーグルトです。
塗っても食べても美白効果の高いヨーグルトは、美肌の為には外せない食品の1つです。

おわりに

美白は、外側からだけではほとんど効果を体感できないと言われています。高価な化粧品の効果を早めに感じる為にも、中からのケアを忘れずに行いましょう。
朝は、ヨーグルトにはちみつをかけて。おやつはトマト。夜はデザートにキウイを。これを毎日続けたら効果絶大間違いなしです。

(川上愛子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事