2015.03.19

歯を食いしばってシャットダウン!Youtuberへの恋の諦め方・4選


こんにちは、ぽこひろです。
最近は巷で「Youtuber」と言って、Youtubeに動画を投稿して生計を立てるいわば「新生代の芸能人」が話題ですね。
HIKAKIN、はじめしゃちょー、PDS株式会社、MAHOTOなどはほんの一例で、ほかにも人気Youtuberはたくさんおります。

みなさんの中にも、今現在、もしくは近い将来、まるで芸能人に恋をするように彼らを愛してしまうことがあるかも。

しかし、プロのYoutuberであるほどプライベートの保護に抜かりはなく、住所などが特定不能で、お笑い芸人などと違い「出待ち」を使って出会うことも難しいため、泣く泣くその恋を諦めてしまうことになるでしょう。

そこで今回は、ガジェット系ライターの塚田牧夫さんと一緒に「Youtuberへの恋の諦め方」を考えてみました。

1.ニートだと思う

「よくYoutuberは、アンチから『ニートが』と叩かれることがあります。もちろん、彼らは在宅で仕事をしているだけなので、どこにもニートの要素はないのですが……。
しかし、彼らへの恋を諦めるためには、この理論を借りるのが助けになるのでは?」

「彼らはニート……彼らはニート……」そう念じていれば、彼らを手に入れたいという気持ちはおさまってくるかもしれませんね。
しかし実際には、えげつない額を稼ぐニートなのですが……。

2.「今だけだし」と思う

「今乗りに乗っているYoutuberですが、将来もこの安泰が続くかはわかりません。『将来性無いし。今だけ今だけ』と思ってみるのはどうでしょうか」

ぽこひろもYoutuberの大ファンなので、今後のYoutuber人気の動向を、日本でのYoutube自体の浸透度と関連して関心を持っているところではあります。
うまく行けば、本場アメリカのようにYoutuberはセレブリティの仲間入りをするでしょう。

しかし、一過性のブームに過ぎなければ、彼らはやがて衰退するかも。後者の理論をとれば、少しは嫌いになれるかも?

3.「どうせ忙しすぎるし……」

「生計を立てられるほどのYoutuberの方に何人か会ったことがありますが、彼らは本当に多忙です。
なので、付き合ってもろくにかまってもらえないかもと思えば、付き合いたい気持ちがおさまるかもしれませんね」

とくに彼らが大変なのは、撮影の後の編集作業だそうです。徹夜になることはしばしばだとか。
家にいるとはいえ、決して恋人をかまってあげられるほど暇ではないのです。

4.「叩かれるのこわいし……」

「いずれにせよ、Youtuberが第二の芸能人としての地位を築きつつあるのは事実。彼らと付き合えば、芸能人のようにスキャンダルとしてパパラッチされる日も近いはず」

いつかフ○イデーなどが、「某大物Youtuberがお泊りデート」などと報じるようになるかもしれませんね。
そうなると、彼らと付き合うのはそれだけのリスクが生じるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
テレビと違って、人気者を身近に感じられるのがYoutuberの魅力ですが、かといって簡単に知り合いになれたり、恋人になれたりするわけではありません。

淡い恋心を抱いてしまっても、そっとパソコンを閉じて諦めるほうが、現実的といえるでしょう。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)
(柳内 良仁/カメラマン)
関連キーワード

関連記事