2015.03.29

しすぎは禁物!片思い中の彼への連絡を控えるには?


こんにちは。ライターの阿久津せりなです。今回は、ハウコレ編集部に寄せられたお悩みについて、僭越ながらアドバイスさせていただきたいと思います。
好きな人への連絡頻度に悩む18歳の女子高生からの相談です。

「私はもともと好きな人ができたら、メールとかラインとかはずっと続けてたいし、電話も結構したいタイプなんです。
でも、そういうのが嫌な男性の方が多いって今までの経験で気づいてきて、最近は自分で気をつけてしすぎないようにしてます。
でも、ほんとはめっちゃ連絡とりたくて……。なんか、いい解決法ないですかね?」

その気持ち、とてもよくわかります! できることなら、毎日彼の声を聞きたいくらいですよね。

でも、相談者さんもわかっているように、男の人にとって連絡の取り過ぎは苦痛でしかありません。
今は、気をつけて連絡しすぎないようにしているとのことなので、きちんと自分をコントロールできているんだと思います。

でも、ふとしたときに、どうしても連絡したい!といてもたってもいられなくなってしまうこともありますよね。
そんなとき、自分の気持ちを抑える方法を一緒に考えてみましょう。

1.基本は週2回がベスト

まず、片思いしている相手への連絡頻度は、週2回くらいがベスト。あまりに多いとうっとおしいと思われてしまうし、少ないと彼に自分のことを意識させることができません。

週に2回、1、2時間ラインやメールのやりとりをしたり、電話で話したり、それくらいが多すぎず少なすぎないちょうどいい頻度です。

2.恋のかけひきをしていると考える

男子にとっては適度でも、ずっと連絡を取り続けたいと思う女子にとっては週2回でもぜんぜん足りないと感じてしまうもの。
でも、自分の気持ちをぶつけて嫌われるのは避けたいですよね。

どうしても連絡をとりたくなったとき、それを「我慢しなきゃ」と思うと、むしろどんどん辛くなって、余計に連絡したくなってしまいます。
だから「我慢」ではなく「恋のかけひき」だと思うようにしましょう。

連絡をとったり、とらなかったりする押し引きが、彼を振り向かせるためのテクニックだと思えば、すこし前向きな気持ちになれるはず。

3.彼に話したいことを書き出してみる

それでも、彼に連絡したくてたまらないなら、どんな内容の話をしたいのか一度紙に書き出してみましょう。
きっとほとんどの場合、特にこれといった用件は出てこないもの。

そうやって、一度落ち着いて考えてみると「特に用件もないから、今日は連絡しないでおこう」と思えるようになるはず。

4.正直に、連絡したいと言ってみる

最終手段は、自分の気持ちのままに彼に連絡をとることです。
ただし、「何の用事もないんだけど、連絡とりたくなっちゃって」と正直に伝えることが大切。

いきなり「今、何してるの?」や「今日こんなことがあったんだ~」と、特に用件のない連絡をされるのは、男子にとってはうっとうしいもの。

でも「ただ、あなたと連絡が取りたかったの」と言われて嫌な思いをする人はなかなかいません。
むしろ「もしかして俺に気がある?」と、彼をドキッとさせられるかも!

ただ、これもやりすぎるとマイナス効果になってしまうので、必殺技だと思って使うようにしましょう。

自分の気持ちをコントロールしていい恋をしよう!

彼に連絡をとりたくて仕方なくなっても、少し考え方を変えれば前向きに自分を抑えることができるようになるはず。
もちろん、自分の気持ちに正直でいることも大切なので、無理に我慢することはありません。

でも、気持ちをうまくコントロールできるようになることは、自分自身の成長にもつながります。
そうすれば、これまでよりももっといい恋ができるようになるはずですよ。

(ハウコレ)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事