2015.04.01

油断は禁物!彼ママに好かれるポイント・4つ


彼ママっていうのは、彼のお母さんのこと。「二人の愛さえあればいい」なんて思えるジュリエットみたいな女子もいないことはないけど、できれば彼の友達や家族など周りの人達とも仲良くしたいものだよね。

「まだ会う予定はないから平気」と高をくくっているかもしれないけど、彼の家に遊びに行ったりするときとか、何かの拍子にばったり鉢合わせてしまうかもしれないよ。

いざというときに慌てふためいたりしないように、今のうちに、彼ママに嫌われない、むしろ好かれちゃうようになるポイントをちゃんと押さえておこうね。

1.意識

「別に結婚するわけじゃないし」と思って、彼ママに会うときでも結構油断してる女子もいるんだけど、実はこれが要注意ポイント。
なぜなら、こっちはただ現時点での彼氏として付き合ってるだけと思っていても、彼ママからすればそれだけではすまないから。

彼ママは、「もしもこの子が息子の嫁になるとしたら……」っていう想像を心の中でし始めちゃうんだ。
ここで彼ママに悪い印象を与えてしまったら、せっかく大好きな彼氏との関係にも良くない影響が出てくるかもしれないよ。

たとえ表面的にはあまり二人の関係に興味がなさそうに見える彼ママだとしても、なにげなく出している普段のあなたが全部しっかり見られていると意識しておいてね。

2.外見

彼ママに見られるんだってことを意識したら、まずは一番に目につく外見をチェックしよう。
ミニすぎるスカートとか肌の露出が多い服装だと、彼ママからすればだらしない格好に見えるから避けようね。かといって、辛口でパリっとキメたクールな服装もおすすめしないよ。

なぜなら彼ママからすれば自分の大事な息子がおざなりにされそうな気がするから。
あなたが彼氏よりも仕事のほうを優先する人みたいに思われちゃうってことだね。

丁度いいのは、真面目すぎず、かといってケバケバしくもない、適度に女の子らしい外見。
親身に彼氏を支えてくれて、素直に彼ママの言うことを聞く子だと思われれば、あなたのイメージがアップするよ。

3.態度

彼ママに会ったときは、普段友達とするフランクな挨拶ではなく、若干フォーマルな感じの挨拶をしようね。

「はじめまして」とか「失礼します」とか。こういうスタンダードな挨拶ならこっちも言いやすいよね。彼の家にあがるときは、玄関で脱いだ靴をきちんとそろえておこう。自分のだけじゃなく、彼の靴も忘れずにそろえてね。

彼ママと彼とあなたの三人で食事をしたり談笑をしたりするときには、折にふれて彼のことを気づかう態度を示そう。

その一つ一つの仕草が、彼ママにとっては、あなたが自分の息子を大事にしてくれる、息子に相応しい女性かどうかを判断する材料になるんだ。

4.彼の呼び方

あなたは普段彼と二人でいるとき、彼のことをどんなふうに呼んでいるかな。○○さんとか、○○くんとか、呼び捨てとか、あとは愛称で呼んでいるっていう女子もいるよね。

彼ママが一緒にいるときには、彼を苗字では呼ばないようにしよう。彼も彼ママも同じ苗字だから、どっちを呼んでいるのか紛らわしいもんね。呼び捨てもNGだよ。
彼ママは、自分の息子が下に見られているように感じていい気がしないからね。彼を愛称で呼ぶのも控えよう。

ラブラブなところを見せたいかもしれないけど、彼ママからすれば逆に不誠実みたいに見えちゃうんだ。彼ママに受けがいいのは、彼を下の名前で○○くんと呼ぶこと。
これなら彼を尊重しているあなたの気持ちが彼ママに自然に伝わるからね。

羽林由鶴さんからのメッセージ

彼ママと会うときに気をつけるポイントがわかってきたかな。もし上手にできなくて悪いイメージを与えちゃった場合でも、その後のケアをうまくすれば大丈夫だよ。

彼ママにとってあなたの第一印象が良くなかったとしても、誠実な心で以て真摯に会話を続けていけば、あなたの彼に対する愛情が本物である限りは、彼ママにも次第に本当のあなたの姿が伝わっていくからね。

リカバリーOKとわかっていれば、初めて彼ママと会うときだって緊張しすぎないで済むから、かえって成功しやすくなるよ。
あなたも大好きな彼のママに気に入ってもらえるといいね。

(羽林由鶴/ハウコレ)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事