2015.04.03

オーバーハタチは気を付けて!男性がイラつく話し方・4つ


しょっちゅう一目惚れされるレベルの美しさを持っていても、それを一瞬で打ち砕くのが「話し方。」
特に大人とみなされることが多いオーバーハタチの皆さん!日ごろからきちんとした話し方ができているでしょうか?

もしかしたらそのせいで恋のチャンスを逃しているかもしれません。というわけで今回は、男性がイラつく話し方についてご紹介します。

1.話の流れをぶった切る

「話題の転換についていけなくて、いきなり前の話題で切り込んでくる女性っているよね。
今さっきその話終わらなかったっけ…」(22歳/男性)

「全然違う話をしてたのに『私の場合~』って、いきなり自分の話になる子は今何話してるのかっていうのを理解できてないんだと思う。少なくとも君の話はしてない。」(24歳/男性)

おそらく流れをぶった切った後に男性陣から注がれる、冷やかな目線にも気付いていないでしょう。相手の言っていることをきちんと聞いていないのが原因です。
反論や言いたいことがあるなら、タイミングを間違えないように気を付けましょう。

2.18歳のしゃべり口調

「ハタチ過ぎた大人が、まともな言葉もろくに話せないようじゃなぁ。品が無いね。」(25歳/男性)

「職場の26歳の女性が、舐めた話し方するから本当に嫌。『あたしって~じゃん?』『めっちゃ~』っていう類の話し方をするから、まるでウチの高校生のいとこ!
10歳も年齢差あるのに、なぜここまで似てるのか。」(28歳/男性)

年相応の話し方が出来ない女性に対して、「おいおいこっちは女子高生と話してるんじゃないんだぜ」というのが社会人の男性のホンネ。

「やべー」「うぜー」等の言葉が口から出た瞬間、萎えるのだそうですよ。話し方についての書籍が多く出ていますので、参考にしてみましょうね。

3.中身がすっからかん

「自分の頭で考えない、言いたいこともまとまらない、そんな人とは話してて無駄だなって感じるよ。
グチを話したい時ならまだしも、日常的にだらだら話す癖があるなら、直した方が良いんじゃないかな?」(24歳/男性)

結局何が言いたいのか分からない「ダラダラ長話」は最も男性をイライラさせる行為。
女性同士で会話していると、それもまた楽しいんですけどね…!

男性は物事を論理的に整理したいものですから、男性と話すときは結論を先に言う、または自分の意見を伝える工夫をしてみてください。

4.ボリューム調節が出来ない

「売り尽くしセール最終日のショップ定員みたいにデカい声を張り上げて、一体何を目指してるんだろ…言いたいことが伝われば十分。
カラオケみたいに、こっちからボリューム下げてあげたい(笑)」(22歳/男性)

品のある女性は大声を張り上げているでしょうか?
打ち上げや忘年会などの盛り上がる場だったらいいですが、日常的に騒がしい・やかましいとうんざりされてしまいます。
きっちりオンオフをつけましょう。

おわりに

いかがでしたか?
恋愛面だけでなく、今後社会人として生きていく中でも気を付けたいことだらけでしたね。
ぜひ一度自分の話し方について考えてみてください!

(平井エリカ/ハウコレ)

関連記事