2015.04.05

彼氏が「なんと答えたらいいのかよくわからない」彼女のエッチな言動5選


エッチは「したいことを素直に相手に伝える」ことで、もっと楽しく気持ちよくなると言われています。

でも、男子のなかには「そう素直に出られても、なんと答えていいのか、答えに窮する」と思っているひともいるようです。

今回は、何人かの男子に「なんと答えたらいいのかよくわからない彼女のエッチな言動」について教えていただきました。
さっそくご紹介しましょう!

1.コンドームメーカーを指定される

「ぼくはコンビニで売っているゴムでOKなんですが、彼女はゴムの味や薄さにこだわっていて、買ってくるコンドームのメーカーを指定してきます。
いちおう『わかった』とは答えますが、なんか答えに困ります」(25歳/IT)

「そんなに薄いのがいいの?」とか「薄いと超気持ちいいの?」とかって、ふつうはなかなか女子に聞けないですもんね。繊細な男心、理解してあげてはいかがでしょうか。

つまりメーカーを指定するくらいなら、女子がじぶんでネットで買えば? ということです。

2.「ローション使いたい」

「ぼくの彼女はローションを使いたがります。『ローションを使いたい』と彼女に言われたら『おれも使いたいんだよね』とは、恥ずかしくて言えず、いつも無言のまま風呂場にローションを持っていきます」(27歳/イベント企画)

ローションって、男性専用のエッチなお店でも使っていますから、ローションについて男子が雄弁に語ると「ねえ、風俗店に行ったことあるの?」という女子のツッコミに窮する……だから答えに困る、ということもあろうかと思われます。

3.あと3回がんばれる?

「3回戦終わったとき、『あと3回がんばれる?』と聞くぼくの彼女。そりゃあがんばらせていただきますが、わりと限界で」(25歳/建築)

ある種の男子にとって、エッチとは「彼女を満足させるための行為」だったりもします。ED治療にいそしんでいる男子も世の中には大勢いますが、そういう男性はスケベなひとというわけではなく「彼女のために(奥さんのために)」ってことです。

このへんを理解すると、わりと「男子のスケベ心」に、限りなくやさしい思いを寄せることができるのではないでしょうか。

4.高校の時の彼氏がさあ・・・

「ぼくに高校時代の彼氏の話を聞かせてくれるのは嬉しんですが、あれ、聞いても答えに困るんですよね。
ああ、彼女のこういう性癖は元カレ仕込みなのか……と思っても、それを口にできないですしね」(24歳/大学院)

はい、これは男子がもっとも気を遣っているところのひとつです。聞きたいんですよね。
◯◯のほうが感じるってさあ、それ、元彼に……? ということを男子は感じるのです。

5.乳首気持ちいいんだ?

「彼女はぼくの乳首を責めながら『乳首気持ちいいんだ?』と聞いてきますが、『はい』と答えたら、女々しい男みたいな気がしてうまく答えられません」(22歳/大学生)

乳首が感じることに恥ずかしさを抱いている男子はたしかにいます。

おわりに

いかがでしたか?
もっともっとカップルでココロもカラダも開いてエッチしていると、ご紹介した点について、カップルで楽しく会話ができて、ますますステキなエッチができると思います。

ラブラブカップルのエッチにおいては、何事も「閉じるより開く」これでいきましょう!

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事