2015.04.06

聞いたが最期!?男子が「気になる女子」には間違っても言わないこと・4つ


やっぱり、好きな相手に対しては日頃からそれらしい態度になってしまいますよね。
話す内容にしろ、話す態度にしろ、言葉や態度のはしばしに「気になってます」感がにじみ出ます。

逆に言えば、注意深く相手の普段の言葉を聞いていれば「あ、この人私には興味ないんだ……」ということがわかってしまうということでもありますね。

そこで今回は、20代男子30人に「ちょっとでも気になる女子には間違っても言わないこと」について聞いてみました。

1.「合コンしようぜー」

「よくよく考えてみればわかるけど、『合コンしよう』ってセリフは絶対にどうでもいい相手にしか言わないよね。
気になってる女子にこんなこと言ったら、チャラいって思われるし、そもそも2人で遊ぶ方がいいし、二倍損だから」(金融/25才)

たしかに、「合コンしようよ」のセリフって、それ自体「お前以外の女を紹介してくれよ」というメッセージが暗に含まれていますよね……。
合コンを持ちかけてくる男友達は、まずナシです!

2.「ごめんまた誘ってー」

「なんか遊びに誘われたとき、どうしても用事があって断るにしても、好きな相手だったら絶対に『また誘ってくれー』なんて言わないと思う。
必ず『○日じゃだめ?』ってこっちから食い下がるはず」(ダンサー/24才)

言われてみればそうですね。せっかく会えるチャンスをみすみす逃すなんて不自然です。
なので重要なのは、「断られるかどうか」じゃなく、その断り方ですね。

3.「別にいいよ」

「そういえば、『別に』って好意のある相手にはあんまり使わない言葉だよね。本当にどうでもいいってか、どっちでもいいときにしか使わない。
好きな相手になんか頼まれたり誘われたら『いいよ!』って強烈に肯定するはず」(大学生/22才)

ようするに「別に」だけじゃなくて「まだわからないかも」とか「その日は微妙」とかみたいな、中途半端で面倒くさそうな表現をしないってことですよね。
なにげなく使っている言葉だけに、その人の本音が出るということでしょうか。

4.「今度飲もー」

「大人になったら当たり前のように使うけどさ、『今度飲もうなー!』とかって、本当に会いたい相手には逆に使わないセリフだよね。『お疲れ』とほぼ同じ意味だよね(笑)」(映像関係/27才)

あぁ……(笑)。たしかに、「飲もー」って言ってじっさいに飲みに行くことってほぼないですよね。ほんとにあいさつ同然な感じ。

本命なら、もっとちゃんと「○○の映画観に行かない?」とか具体的に誘うはずですもんね……。

おわりに

どうでしたか?
でも逆に言えば、これらのセリフを言ってくる男子は、はじめっから恋愛対象外にしてしまえばいいんですよね。そうすれば、彼氏を作るための相手探しがとっても効率的ですから。

恋愛上手な子は、「自分が付き合えそう」って言う男子を探すのが上手です。
みなさんも、負け戦を避けつつ成功率が高いやり方をすれば、今より恋愛で失敗することが減るかもしれませんね。

(遣水あかり/ハウコレ)
(島村 遥/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事