2015.04.14

学生とはこんなにも違う!社会人の男性が持っている「オトナの恋愛観」4つ


こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
「社会人の男性とお付き合いしたい!」と憧れる女子大生は数多くいるかと思います。
私、矢沢ゆうも社会人の男性との交際に憧れる女子大生の1人です(笑)

でも、社会人の男性との交際を夢見ていても、一体、社会人の恋愛観ってどんなものなの?と疑問を浮かべる女子大生は多いはず。

そこで今回は、社会人の男性が持っている「オトナの恋愛観」を4つご紹介したいと思います。

1.時間の使いかたは仕事優先

「社会人になると学生の時とは違って、決められた日にしか休めなくなるんだよね。
休みが合わない限りデートをするのは、正直キツいかな。」(26歳/経理)

社会に出ると自由という言葉がなくなってきます。
仕事中心の生活になり、その仕事をこなさないと生活が出来なくなってしまうので、ある意味当然のことでしょう。

もちろん、そんな忙しい相手と会う機会も減ってしまいます。
自分自身も、アルバイトや勉強に励んでバランスを取るといいかもしれませんね。

2.休日は休息も重要

「休みなんて滅多に取れないから、もしも休みが取れても彼女と一緒に過ごすよりかは、ゆっくりと体を休めたいな。」(28歳/営業)

社会人にとって、一週間のほとんどが「仕事の日」。休日だからといってアクティブに過ごす元気が残っているとは限りません。
そうなると、せっかく2人の休みが合ったとしても、彼は休みたいと思っていることも、意外と多かったりするんですよね。

そんな時は無理やり外でデートをするよりも、まったりとおうちデートにするか、今回は会わずにゆっくり休んでもらうなど、彼の意思を尊重してあげましょう。

3.彼女に求めるものは「癒し」

「社会に出るのって緊張感を持って責任を背負わなきゃいけなくなるってことなんだよね。
だから、彼女と過ごすプライベートはホッとできる癒しの時間にしたいな。」(25歳/介護)

普段、会社でストレスの攻撃を受けている相手は「癒し」というものを求めるようになります
緊張感を持って生活しているのに、恋愛関係もハラハラした緊張感が漂っていると相手は疲れてしまいます。

彼の気を引くために浮気をほのめかしたり、何かあるとすぐに「別れる!」と騒ぎ立てるなんてのはもってのほか。
ゆったりと安定したお付き合いの中の、あなたの「お仕事、お疲れ様です」の一言でも社会人の相手はホッとします。
そのような気遣いのある一言で相手からの好感度もアップ間違いなしですね!

4.お互いに自立した関係を望む

「働いているとやらなければいけない事が一気に増えるから、ベタベタした関係よりもお互いに自己管理ができる関係が理想だね。」(30歳/Web制作)

社会に出て働くということは、与えられた役割を責任をもって果たすこと。それができるかどうかでその人の社会人としての価値が評価されると言っても過言ではありません。

しかし、それを続けることはメンタルが疲弊するものです。
交際がスタートすると夜中に「声が聞きたい」などと言って電話をしてしまいがちですが、実はそれが社会人の相手にとっては苦痛になっていることがほとんどです。

ただでさえ仕事で心の余裕がないのに、彼女にベタベタされることでもっと余裕がなくなって破局・・・なんて結末も考えられますね。
自分のメンタル面を自立させることが、社会人の相手を落とす1つのポイントになってきます。

おわりに

同世代の男子大学生とは一味違った「オトナの恋愛観」がたくさん出てきましたね。
社会人の男性を落とすのには、ある程度の「心の余裕」がどうしても必要になってきます。

まずは自分のメンタル面から強くしていくことが憧れの社会人彼氏をゲットする1番の近道かもしれませんね。

(矢沢ゆう/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事