2015.04.15

糖の吸収を阻害してくれる「海藻」でダイエット!



美容・健康効果で知られる「海藻」。でも、実はダイエットにも使える食材なのです!
食事の始めに、少量の「わかめ」や「めかぶ」を食べると糖の吸収が阻害され、摂取カロリーが減り、スリムなボディへと変わっていきます。

食物繊維

食物繊維というと、「要は葉っぱですよね?」と思われがちですが、実は野菜や果実だけではありません。
食物繊維とは、人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分の総称をいいます。食物繊維には、
植物性(野菜・果実)
藻類性(昆布・わかめ等)
菌類性食物(きのこ類)
の3つがあります。

食物繊維の種類

食物繊維は、水溶性(水に溶ける)と不溶性(水に溶けない)に大きく分けられます。
水溶性食物繊維:海草類・熟した果実等
不溶性食物繊維:根菜や玄米等の未生成穀類
水溶性は「湿った食材」、不溶性は「乾いた食材」、と覚えておきましょう。
どちらもダイエットに有効で、かつ異なった作用がありますから、両方をバランスよく摂取したいものです。

海藻類がダイエットに有効な理由

ところでなぜ海草類がダイエットに有効なのでしょうか?

第一に、海藻類にはデトックス効果があります。
海草類は水溶性なので、水分を含むとゲル状になり、このゲルが有害物質を取りこんで身体の外に排出するのです。

第二に、糖や脂質の吸収阻害効果があります。
海藻に含まれている「フコイダン」は腸からの脂質を抑えます。さらに食物繊維全般のもつ作用として、特に糖質の吸収を阻害することが挙げられます。
その結果、摂取カロリーが抑えられ、痩せていくのです。
脂質の吸収や血糖値の急上昇を抑える効果を得るためには、海藻を食前に食べることをお勧めします。
私のクライアントさんの中には、毎食前にめかぶを飲んでから食事を始める方もいます。

注意点

しかし、食物繊維の食べ過ぎには注意しましょう。食物繊維は糖質や脂質だけでなく、全ての栄養素の吸収を阻害すると考えられています。
以前海外で発売されているスムージー本を買って読んでみたところ、「必ずミキサーではなく、ジューサーで作ること」と書いてありました。
なぜなら、ミキサーだと食物繊維も一緒に摂取してしまい栄養素を摂りきれないというのです。
また、スムージーばかりを摂り過ぎるとメインの食事が食べられなくなり、ビタミン等が不足して糖質や脂質を代謝できなくなって、逆に太りやすくなるのです。
全体の摂取カロリーを減らすことは大事ですが、何事もやり過ぎは禁物ですね。
また、甲状腺関連疾患がある方も、海藻類の摂取には注意が必要です。

最後に

私の外食おそばの定番は「わかめそば」です。夕食でどうしても外食せざるをえない場合によく使うダイエット法です。
ダイエット中のメニュー選択の参考にして頂きたいと思います。

(林田玲子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事