2015.04.18

肌が1カ月できれいになる、「スキン・ダイエット」って知ってる?


イギリスで今流行中のビューティー・トレンドに、「5:2 スキンダイエット」というものがあります。

「5:2 スキン・ダイエット」ってなに?

「5:2 スキンダイエット」とは、1週間のうち5日は通常のメイクをしても、2日だけはメイクを全くしないか、軽いメイクを心がけるというもの。これは、1週間のうち5日は普通に食べるけれど、2日間は低カロリーな食事を心がけるという「プチ・ダイエット」にも似ています。この「スキン・ダイエット」をすることで、肌の調子が1カ月後にはすっかり改善されるのだそう。
例えばニキビや吹き出物、カサついた部分に、毎日ばっちりファンデーションを塗っていれば、治るものも治らなくなるのは既知の通り。あまり外出しない土日などに、ファンデーションを塗らずに過ごすことで、肌本来の再生力をおしみなく享受できそうです。

ばっちりメイクを続けると、肌はどうなる?

毎日ばっちりメイクをし続けると、肌はどのようになっていくのでしょうか。

「Le Beau Ideal aesthetics clinic」の創始者で、皮膚科専門医のドクター・Esshoは、メイクと肌のコンディションとの関係についてこう語っています。

「患者にはいつも、ファンデーションを塗らなければ肌のコンディションがよくなっていく、と話しています。肌を休ませることなく、過度なメイクを施し続ければ、エラスチンやコラーゲンが損傷されることで肌の老化は早まり、シワができやすくなります。」(Mail Onlineより翻訳引用)

エラスチンやコラーゲンは、肌の「表皮」の内側にある「真皮」を形づくる大切な繊維です。エラスチンやコラーゲンが正常な肌には、弾力がありますが、それらがダメージを受けると、肌はぐんと老けた印象になってしまうのです。

化粧品に含まれるあの成分が肌を傷める

それでは、何故過度なメイクがお肌を老化させることになるのでしょうか。この原因としてDr.Essho氏は、ファンデーションなどに含まれる「パラベン」を挙げています。

「ファンデーションなどに含まれているパラベンは、毛穴や皮膚表面に1日を通して蓄積されていきます。これらはコラーゲンやエラスチンを破壊することになるのです。」(Mail Onlineより翻訳引用)

また、「The Private Clinic of Harley Street」の皮膚科医Dr.Noor氏は、化粧品に含まれる香料、保存料、科学成分について、そのアレルギー反応について語っています。

「化粧品は、毛穴の油腺を詰まらせることで、ますます毛穴を大きくみせてしまいます。スキン・ダイエットは賢い選択で、長い時間メイクした状態でいることによって肌が荒れてしまう確率を下げてくれるのです」(Mail Onlineより翻訳引用)

もちろん、最近はオーガニックの化粧品も選べるようになってきました。特に肌が荒れやすい人は、日頃からパラベンフリー、無香料などの表示のあるファンデーションを選ぶのもいいでしょう。

おわりに

1週間に2回の「スキン・ダイエット」をすることで、皮膚細胞のターンオーバーをスムーズにすることができ、新しい肌の再生リズムが正常になります。若いうちは肌を酷使しても肌の弾力はありますが、今後も若々しい肌を保つためにも、取り入れてみたいものです。


参照:
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2979449/Is-5-2-SKIN-diet-future-beauty-Dermatologists-say-going-make-free-two-days-week-younger-healthier-skin-MONTH.html

(Mao/ハウコレ)

関連記事