2015.04.20

あなたの髪、「ビビり毛」なんじゃない? 経験者が徹底追及!



パサパサ、キシキシ、ゴワゴワ、ジリジリ……細かいうねりと極度の乾燥で、何をやっても髪がツヤツヤ、サラサラにならない!!という深刻な悩みを抱えている人。それは「ビビり毛」と呼ばれるダメージ度マックス状態の髪の毛かもしれません。
実は私、ビビり毛で涙が出るほど悩み、ストレスの限界を体験した一人。一年半の月日をかけてやっと出会った改善方法を、こちらでご紹介します! 同じ悩みを抱えている人はもちろん、ビビり毛予備軍の人たちもいるはず。ぜひ参考にして、美しい髪を手に入れて下さいね。

「ビビり毛」チェックから。心当たりのある人は要注意!

最初に、ビビり毛の原因に心当たりがあるかどうかチェックしてみましょう。

●ストレートアイロン、コテなど、高熱(180℃以上)で頻繁に使用している。
●縮毛矯正は1~2ヶ月おきにかけている。
●パーマ、デジタルパーマ、カラーリングを頻繁にしている。
●セルフでカラーリング、ストレートパーマをかけている。
●エクステを頻繁に着けている。
このうち3つ以上当てはまれば、可能性大。

次に、洗髪して乾かした後の髪の状態について確認してみましょう。
●髪の毛1本1本が、細かいS字状にうねっている。
●常にパサついて水分や油分が感じられない。
●指通りが悪く、切れ毛が多い。
(但し、パーマや矯正、カラーをしていない髪の根元は健康毛)
全て当てはまれば、可能性大。

カットするだけでは改善されないのがビビり毛

通常、痛んだ髪はカットすれば改善されるものですが、ビビり毛はそうはいかないから厄介。どうしてもツヤのある美しい髪を取り戻したい一心で、40㎝もカットしたのに、ツヤどころかジリジリ、パサパサ(涙)。2週間に1回、美容室でトリートメント、髪に良い成分配合とうたわれているヘアケアアイテムをどんなに試してもちっとも改善されない、というのが私の実体験。最終手段はインターネットで「どうしようもないダメージ毛を改善」と検索。そこで「ビビり毛」というワードを知ったんです。ビビり毛修復のメニューがある美容室を数軒チェックすると、そこには私と同じ髪の状態の写真が!! 施術後はびっくりするほど美髪になっている! よし!予約をしよう! アクセス場所を確認すると、えー! 長崎? 神戸? 大阪? なんとビビり毛ケアの施術メニューのある美容室は日本全国でも数店舗しかなく、都内で見つけるのは至難の業。東京って美容室の激戦区じゃなかったの? それからというもの、時間さえあればサロンを探す日々が続き、やっと出会ったのは……。

美容室選びが運命の分かれ道! 情報にまどわされないことが重要!

ビビり毛に限らず美容室選びで大事なことは、施術者の経験、施術時間と料金、アクセスなど、施術を受ける側が事前に条件を挙げることです。調査した結果、施術者の美容師経験がアシスタント止まり、施術料金が異常に高い(ロングヘアでも2万円ぐらいが相場)、予約の電話が留守電で折り返しが二日後など、このようなサロンは信頼するに値しないそうです。
取材させて頂いた50代後半の美容師の方は「ビビり毛を修復するということは、サロンでの失敗を請け負うという責任重大な任務を担うことになります。失敗出来ないので毎回真剣勝負です」、40代の美容師の方は「ビビり毛の施術をひとつ間違えたら大失敗につながる。そうなったら訴えられることもありますよ。髪って心(精神状態)と深く関わっているので、ストレスを感じるような髪に仕上げるわけにはいかないんです」という現場の声を聞くことが出来ました。「心配な方はお電話で施術者と話し、カウンセリングを受けてからでもよい」とのこと。サロン選びの時にぜひ役立ててみましょう。

自分の髪にうっとり 二度とダメージを与えないと誓うはずです

いよいよビビり毛修復施術を体験! 具体的に何をどのようにするのかは専門的なことなので、知りたい方は施術を受ける前にご担当者に聞きましょう。
で、結果から話しますと、大成功! 滑らか、ツヤやか、しなやか、サラサラ☆ 自分の髪を何度も触りたくなる、何度も合わせ鏡をして見たくなる大満足の仕上がりになりました。施術後から二ヶ月が経ちますが、その状態をキープしています。ちなみにビビり毛の原因は縮毛矯正の失敗や高熱のアイロンだけではないことを発見! 実は美容師さんが使うロールブラシもダメージ大! むしろ低温でヘアアイロンをやさしく当てる方が、同じセットをするならツヤも出て仕上がりも維持出来ます。

さいごに

ヘアスタイルのおしゃれにこだわる女性こそ、知らず知らずのうちにビビり毛を進行させているかもしれません。プロの施術を受けて、いつまでも美しい髪を維持しましょう。

(米村亜希子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事