2015.04.21

夜のデートもすらっと美脚で!揉むだけですぐに脚のむくみが取れるポイント・4つ



こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。夕方になると、足が浮腫みませんか?せっかくかわいいスカートなのに、足が浮腫んでいる状態で彼に会うのはちょっと残念。そんな時、こっそりマッサージするだけで足がすっきりする場所があるんです。

まずは膝の裏をマッサージ

膝の裏には大きなリンパ節があり、ここをマッサージすることで膝下に溜まったリンパ液を膝上へ向けて流す働きをしてくれます。
膝の裏は痛みがある人もいますので、痛みがある場合は優しい力でマッサージしてくださいね。下から上へ何回かリンパ液を流すイメージで行います。
膝裏が膨らむほど浮腫んでいる方は、膨らみがなくなってくるのがわかるはずです。
手がすべりやすいように、オイルやハンドクリームを使用してマッサージすると効果的です。

脛をマッサージ

膝裏をすっきりさせたら、次は脛をマッサージしましょう。拳を作って手の指の骨を使います。
まずは裏側からマッサージです。足首から膝に向かってふくらはぎのリンパ液を流します。
始めは痛みがある場合がありますが、何度か流している間に痛みもなくなって足がポカポカしてくるはず。特にふくらはぎの真ん中あたりはかなり浮腫みを感じる場所ですので、しっかりマッサージしてください。
次に、脛の外側を同じようにマッサージします。大切なのは「下から上へ」マッサージすること。
最後は脛の内側。あぐらをかいた状態で行ってもかまいません。

くるぶし周りをしっかりマッサージ

くるぶし周りにはツボがたくさんありますので、くるくるとよくマッサージをします。
ある程度血流が良くなったら、くるぶしとアキレス腱の間にあるくぼみをマッサージしましょう。ここは「タイケイ」というツボがあり、足全体の血流を促してくれる場所でもあります。

最後は雑巾しぼり

各部位のマッサージが終わったら、最後はふくらはぎ全体を雑巾しぼり。何回かしぼり終わった後にはすっきりと足の浮腫みも取れているはず。なんだかきつかったヒールも履きやすくなります。太ももの雑巾しぼりも気持ちいいのでおすすめです。

毎晩マッサージをする癖をつけよう

「その日の浮腫みはその日の内に」。浮腫みを残したまま眠ると、どんどん足が太くなると言われています。滞ったリンパ液が流れず、血液や老廃物が定着してセルライトに変身してしまうからのですが、毎日のマッサージを続けるだけでも老廃物の定着を防げるので、手軽な4ポイントマッサージを夜の習慣にしましょう。

おわりに

セルライトになってしまうと、潰して流すのはとても大変です。痛みもかなりありますし、時間もかかってしまいます。毎日の5分マッサージこそが、美しいすっきり足を作ってくれるので、セルライトだらけの足にならないようにぜひチャレンジしてみてください。

(川上愛子/ハウコレ)

関連記事