2015.04.22

5月病を撃退するパワーランチ・7選



初夏を迎え、心身の調子を崩す人が多くなってくる季節です。新しく始まった仕事や勉強のプレッシャーや、慣れない人間関係によって、5月病にかかってしまう人も少なくありません。

「5月病」とは?
新年度の4月に入学・入社した新人に、5月ごろになると現れる精神の不安定状態をいう。(出典:デジタル大辞泉)

新入生ではなくても、この時期は誰もが精神的に不安定になりがちです。ちょっぴりブルーな気分を吹き飛ばしてニッコリ笑顔になるために、疲れをとって食欲を刺激するパワーランチを薬膳師であるマダム晴子がご紹介致します。

1.スパゲティナポリタン

憂鬱な気分を吹き飛ばすランチの定番と言えば「スパゲティナポリタン」。
ケチャップが食欲を刺激し、玉葱、ピーマン、パセリが気の巡りを良くすることで、ストレスからくる食欲不振や暴飲暴食を予防する効果があります。トッピングのパセリには嬉しい美肌効果もあります。

2.カキフライ

胸騒ぎがして夜ぐっすり眠れない人には、神経を鎮める「カキフライ」がおススメです。
春から夏にかけて岩牡蠣が旬を迎えています。憂鬱な気分を吹き飛ばすために、レモンを絞ったり、タルタルソースをたっぷりつけたりすることで酸味をプラスして、食欲を刺激しましょう。眼精疲労や美肌にも効果あり。

3.三つ葉たっぷり親子丼 

酸っぱい味付けが苦手な人には、「三つ葉たっぷり親子丼」がおススメです。
三つ葉には3つの効果があります。(1)ストレスで食欲が湧かない人や暴飲暴食に走ってしまう人の食欲を正常に戻す効果。(2)溜まった疲れを癒す効果。(3)女性に嬉しい、血液循環を良くする効果の3つです。親子丼は、元気が湧いてくるパワーランチの代表格です。

4.レバニラ炒め

夏場に美味しい中華料理屋さんのパワーランチと言えば、「レバニラ炒め」です。
デスクワークで夏場でも足元に冷えを感じる人に、下半身を温め、血流を良くするニラがおススメです。また慢性的な眼精疲労がある人には豚や牛のレバーが特におススメです。パソコン仕事の人にはぴったりのパワーランチです。

5.梅干しのおにぎり

無理してランチを食べても胃がもたれてしまう人には、「梅干しのおにぎり」がおススメです。
梅は体のバランスを整える効果に優れています。おにぎりだけでは物足りない人はデザートにみかんを食べると、より効果的なランチタイムでの気分転換がはかれます。

6.イカとキャベツのお好み焼き

胃腸の調子を崩してしまう人には、「イカとキャベツのお好み焼き」がおススメです。
イカは肝機能に働きかけ、血液を補い、ストレスに強い身体を作ってくれます。また乱れた胃腸の働きをキャベツが整えてくれる働きがあります。お好み焼き屋さんで自ら焼くのも、楽しい気分転換になりますよ。

7.カジキマグロの照り焼き

5月病からくる強いストレスの影響で血圧が上がってしまったり、耳鳴りがしたり、酷い肩こりに悩まされている人には、「カジキマグロの照り焼き」がおススメです。カジキマグロは、ストレスが原因の体調不良を美味しく優しく気分転換させてくれる薬膳レシピです。

おわりに

いかがでしたか?
新しい環境に身を置いても、ストレスやプレッシャーに負けない丈夫な心と身体を手に入れましょう。
それには手軽に食べることができて、気分転換がはかれるパワーランチが一番です。
ぜひ試してみてください。

(マダム晴子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事