2015.04.25

最初が肝心!女子大生&入社1年目女子必見の「キラキラOLになる5つの方法」


厳しい就活戦に打ち勝ち、待ちに待った社会人デビューを迎えた人は多いですよね。
もちろん、来年の今頃にはステキOLになるぞ!と思いながら就活真っ最中、という人も。

ドラマや雑誌で見たような華やかで美しいキャリアウーマンに憧れますが、見た目よりも甘くないのが社会というもの。
デビューを間違えると、ある意味就活よりも辛い日々を送ることになってしまうんです!

という訳で、今回は少しでも理想の社会生活を送れるよう、ステキOLになる方法をご紹介します!

1.仕事には全力で

「会社なんだからまず何を置いても仕事ができるのが、ステキOLの条件だと思う。新人ちゃんは、とにかく一生懸命な子が一番可愛いがられるよ!」(入社3年目/損保)

社会人たる者、仕事を頑張る姿勢はマスト。飲み会やオシャレだけで活躍しても悪目立ちはすれど、キラキラOLとしては認識されません。
まずは、早く一人前の仕事ができるように、努力しましょう。

2.目標となる先輩社員のマネをする

「会社にはステキOLがわんさか!せっかく身近に尊敬できる女性がいるのだから、先輩を目標にして色々なことを吸収するといいと思うよ。目標があると頑張れるしね!」(入社2年目/銀行)

漠然とした理想を追うより、具体的な目標があった方が、やることが明確に見えてきますよね。職場の先輩方は、言わば、あなたの未来サンプルなのです。

沢山のサンプルの中から、自分が最も憧れる先輩を見つけ、その人を目指しましょう。数年後、あなたはその先輩ポジションに就いていることでしょう。

3.見た目にも気を遣う

「仕事を頑張るのは当たり前なんだけど、更に、どんなに忙しい時にでも小奇麗にしている女性がステキだと思う。
お客さんや取引先に会う時だってあるんだから、見た目も大切
にしたいよね。」(入社3年目/秘書)

慣れない環境でいっぱいいっぱいの毎日。洋服のコーディネートやメイクに時間を割くくらいなら、少しでも寝ていたいという新人ちゃんは多いと思います。

しかし、外見でもある程度判断されてしまうのが社会人というもの。
上司や客先に不快感を与えないためにも、見た目には気を遣う必要があります。フレッシュな新人ちゃん。是非、清潔感と爽やかさを大切にしてみてくださいね。

4.感謝と謝罪

「小さなことでもありがとうと言ってくれる先輩。ちょっとのミスでも紳士的な態度で謝ってくれる後輩。どちらもステキOLだと思います。
役職関係なく、働く上で、相手への敬意は大切ですよね。」(入社5年目/カード)

人間関係を潤滑にする感謝と謝罪の言葉。会社では色々な人に指導を貰ったり、助けられたりする場面が多くあります。

そして、そんな時には敬意を伝えるのが、社会のルール。
出来ていないと、傲慢な人や非常識な人と思われてしまうことも・・・。プライベートではあまり言い慣れていないという人も、会社ではしっかり言いましょう。

5.「報・連・相」を徹底する

「できるOLの秘訣は“報・連・相”をしっかりやること。誰にだって一人で解決できないこもあるんだから、困った時には周りに話して助けを求めることが大切なんだよね。
それをわかっている新人ちゃんはステキOLになれると思う。」(入社4年/旅行)

会社に入ったら、まず教わること。それは“報・連・相”。報告・連絡・相談の略です。
始めは誰しも分からないことだらけ。

そんな中、新人ちゃんに求められるのは、今の状況を周りに発信する力なのです。
困ったことがあったら、遠慮なく、周りの先輩に指導を乞いましょう。その姿こそが理想の新人なのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。学生時代とは180度変わる新生活。
慣れるまでは大変な毎日になると思いますが、頑張ってステキOLの振る舞いを日々意識してみてください。

きっと会社に慣れる頃には素敵OLとして、あなたも優雅なキャリアウーマンの一人となっていることでしょう。

(城山ちょこ/ハウコレ)
(新部 宏美/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事