2015.04.30

ナチュラルメイクが映える「健康的な顔色」をつくる方法



『今日顔色冴えないね』と言われたことはありますか?最近ではナチュラルメイクが人気ですが、ナチュラルだからこそ、顔色(素肌)が与える影響が大きくなっています。
今回は、そんなナチュラルメイクが映える「健康的な顔色」をつくる方法をご紹介します。

1.健康的な顔色を保つには?

顔色を明るく健康的に見せるには、血流がポイントです。血流が良い人は体の隅々まで栄養が行き渡るので、肌コンディションもアップします。
血流の良し悪しには、『血管が柔らかいかどうか』が大きく影響しています。血管は加齢と共に硬くなり、血流が悪くなっていきますが、原因は加齢だけでなく生活習慣と密接に関わっています。つまり生活習慣を改善することによって血管年齢を若返らせる事が可能なのです。

2.血管年齢を若返らせる!

血管の状態が良好と診断された人の生活習慣は、若々しい血管を保つために欠かせない3つの要素をしっかり抑えています。

1. 規則正しい食事
2. 有酸素運動
3. ストレスをためないためのリラックスタイム
特に食事が血管に及ぼす影響力は60~70%とダントツで、血液の流れが滞るのを予防する働きが高いのです。

3.食事を見直そう!

揚げ物などの油っぽい食事が多いと、血管内に脂肪がつき、血流を妨げる原因になります。また、チーズなどの乳脂肪分や糖分にも注意が必要です。
血流を良くするにはEPAを豊富に含んだ青魚や、食物繊維が豊富な野菜を積極的に摂るようにしましょう。毎日気軽に食べられる野菜で特にお薦めなのは『タマネギ』!実はタマネギには、血液をサラサラにする『シクロアリイン』や、血管を柔らかくする『ケルセチン』という成分が豊富に含まれています。生でも、焼いても、煮ても美味しく、しかも低価格でお財布にも優しいタマネギを是非毎日の食卓に取りいれましょう。一人暮らしで外食が多い人は、サプリで補うのも一つの方法です。

おわりに

『最近顔色がイマイチだなぁ』と感じたら、メイクテクニックを上達させるよりも、先ずは生活習慣の見直してみましょう。健康な血管をつくることで、顔色が良くなり、肌本来の美しさが引き出されます。
規則正しい食事、有酸素運動、ストレスをためないためのリラックスタイム、この3つを実践し、顔色美人を目指しましょう!

(下山 一/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事