2015.05.06

たった4つで愛され度がUP!エッチブスにならないため基本準備


エッチに積極的な女性は、ともすると“ビッチ”と呼ばれるご時世。
あまりにも準備バッチリ、「待ってました!」と言わんばかりの派手な下着やボディケアには引いてしまう男性も少なくありません。

かといって何の準備もなくカレとの夜を迎えては、かえって“エッチブス”になりかねません。
特にそれが初夜であれば、せっかく射止めたカレに与えるイメージは絶大!

そこで今回は“エッチブス”にならないための基本ケアをご紹介。
たとえ、お付き合いの長いカップルであっても、夜の営みに備えた準備は昼間の顔さえも輝かせることとなり、パートナーを今一度、惚れ直させる一助になりますよ。

1.ムダ毛処理は当たり前!アフターケアも抜かりなく

ムダ毛の処理は基本中の基本。
しかし男性がチェックするのは、単に“目に見えている部分”だけではありません。“エッチブス”を回避し、真に愛され続ける女性を目指すには“肌触りが大切です。

男性に言わせると、若い女性の魅力は“肌触り”だそう。確かに、ツルツルで吸いつくようにハリのあるお肌は、抱き心地がよくて当然。
となれば、いくら一生懸命ムダ毛の処理をしても、毛穴のブツブツや生えかけのチクチクを感じられては、元も子もありませんよね?

ムダ毛処理のあとは、保湿クリームを塗るなどのアフターケアが必須。とりわけ香りつきのクリームを塗れば、香水よりも自然と香る清楚な香りに、いわゆる“ビッチ”が嫌いな男性もイチコロです。

2.男子は意外と敏感!パンティライナーをお友だちに

自分から「して」とは言い出せなくとも、男性からのオーラルセックスに大きな快感を得、深い愛情を感じる女性は少なくありません。
相手を愛しているからこそできるオーラルセックスですが、そこで蒸れたニオイが漂っては幻滅です。

夏場、多くの女性が制汗スプレーで体臭ケアをするように、デリケートゾーンのニオイ対策に活躍してくれるのがパンティライナー。
価格も手ごろ、2枚重ねのものや香りつきのもの、手軽にトイレに流せるものと種類も豊富です。

エッチの前にシャワーを浴びるのが理想的ですが、「せっかくの熱いムードを断ち切るのも……」なんてこと、ありますよね?

しかし、小まめにパンティライナーを取り替えていれば、蒸れたニオイも少なからず押さえられ、気になるパンティのシミをうっかりカレに見られるなんてことも防げます。

ただし「おりものの量が少ないから大丈夫!」と取り替えないままにしていると、かえってニオイのもとにもなるのでご注意を。

3.ネイルも下着と同様!“あくまで程よく”がエッチ美人

上下不揃いの下着や、過激するランジェリーに引いてしまう男性は少なくありません。
女性にとって可愛らしいネイルはテンションを上げるための大切なツールですが、男性にとってみればランジェリーと一緒。

地味すぎては女性らしさを感じられないし、派手すぎては“ビッチ”なイメージを抱かれがちです。

長く磨かれた華々しいネイルでの愛撫に興奮を覚える男性もいますが、恐らくそれは少数派。単に「派手なツメだな……」と思うだけでなく、男性器を触れられることに少なからず恐怖を覚えることもあるようです。

もちろん、自分らしい美を磨くことをやめ、ムリに男性におもねる必要はありませんが、女性からしたって、長いツメでの愛撫は好ましくありませんよね?

女性器同様に、男性器だってデリケート。相手のことを思うなら、清潔感を第一に、程よい派手さを選ぶことも、必要かも知れません。

4.キスすると、臭うー・・口臭に注意

デリケートゾーンとお口の匂いはセットで意識しておきましょう。彼がキスしようとすると、「魚のような匂い」「きっついニンニク臭」なんて幻滅されます。中華やイタリアンをランチに選んでしまった日は要注意。

日頃からオーラルケアのタブレットやスプレーを持ち歩いたり、外出先でも食後は歯磨きをする習慣をつけるなどしておくと一安心です。

おわりに

ムダ毛処理後の肌ケアも、日常的にパンティライナーを用いることも、そして程よく可愛らしいネイルやオーラルケアを心がけることも、あなたの女子力全体を上げることに直結します。

それでパートナーから、さらに愛されれば一石二鳥!今一度、見直してみてはいかがでしょうか?

(二松まゆみ/ハウコレ)

関連記事