2015.05.08

骨盤がゆがむ場合も?巻き爪が女を下げる理由4つ



こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。足の爪が食い込んで痛い時はありませんか?「痛いけどすごく短く切れば痛くないからいいや」と思いがちな巻き爪ですが、実は放置するのは危険な病気なのです。
「足の爪痛くて気になってた!」という方は、自分の足の爪を見つめながら読んでみてくださいね。

巻き爪ってどんな状態?

一言で巻き爪と言っても、様々な状態があります。筆者は日々、巻き爪矯正にご来店されるお客様の足を施術していますので、まずは色んな「巻き爪」をご紹介しますね。

1、 巻いて見えるだけで痛みはない。
2、 巻いている上に爪が皮膚に刺さって痛い
3、 爪の端と端が壺状にくっつく程巻いているが痛みはない
4、 爪が食い込んだ皮膚が炎症を起こしている

1.2の症状の場合は、爪の形をファイリングで整えたり、巻き爪矯正のシートを施すだけで痛みが軽減することが多いですが、3は長期的なケアが必要になります。
巻きが強い程に、古い角質やゴミが爪の中に溜まりやすく不衛生になりますので、なるべく1.2の症状の時にケアを始めることが大切です。
4の症状は、ネイルサロンやフットサロンではなく病院での治療が必要となります。
細菌の感染がある場合もありますので、すぐ医療機関へ行ってみてください。

足が臭いだけじゃない!女子力も下げる巻き爪

歩くとチクチク痛い、細いパンプスをはくと爪が痛い、そんな症状ありませんか?
「爪が刺さって足の指が痛い」それだけのことなのに、そんな小さなことが女子力を下げることがあります。たかが足の爪、されど足の爪。人には滅多に見せない部分ではありますが、だからこそお手入れも怠りがちな部分です。
痛い足をかばっていると不格好な歩き方になってしまう原因にもなりますし、巻いている爪の中にはゴミも溜まりやすく、彼がチラッと足の爪を見たらゴミだらけ・・・なんて、とっても幻滅されるに違いありません。少々臭くても消臭スプレーがあれば大丈夫~♪なんて思っている方は要注意!見えない部分こそが女を上げるのです。

足が痛いデートは楽しめない

足が痛いと、せっかくのデート気分のテンションもガタ落ちになりますよね。大好きな彼でも、内心「まだ歩かせんのか!」と突っ込みたくなることもしばしば。
「足が痛い」それだけで楽しめないデート。痛い足と険悪な雰囲気。彼の為に頑張ったおしゃれなのに「そんな靴履いてくんなよ」と彼も内心思っているはず。
筆者も、靴選びに失敗したが為に出先で靴を買い替えたこと数回。無駄な出費でがっかりです。

靴の減り方がいびつは女を下げる

自分ではなかなか気付けない歩き方の癖。靴の減りを見れば一目瞭然ですが、靴の減り方に特徴がある人って実は目立ちます。
たくさんの靴が置いてある場所で「靴が変形してる」「変なすり減り方」など、ふと目につくことって多いですよね。
彼のご実家へ伺う時や、彼の上司のお宅へ伺う場合など特に注意したいポイントです。

歩き方がおかしいと身体のバランスも崩れる

足の痛さをかばって歩くことは、骨盤の歪みや姿勢の崩れも起こします。
また、バランスがくずれることで、膝や腰が痛くなることもあります。猫背だったり、足を引きずってしまったり、巻き爪の痛さは色んなところに影響を及ぼします。

おわりに

足の爪1つとっても、女を下げるきっかけになるのですから、見えないからと言ってケアを怠ることは避けたい足。「巻き爪」1つで身体の色んな場所に影響が出ます。気になる方は、早めに皮膚科を受診したり、ネイルサロンやフットケア専門店で爪のケアをしてもらってくださいね。

(川上愛子/ハウコレ)

関連記事