2015.05.17

時には諦めも肝心!?親しい女友達から「本命」に上がれない理由・4選

好きな人に近づこうと頑張った結果「女友達最高ランク」にまで上り詰めてしまい、
恋愛対象には到底見られなくなってしまった…という人はいませんか?

「なんでか彼の近くに行くにつれて恋人候補から遠ざかっている気がする…」残念ですが、
それはきっと気のせいじゃないです・・・。

よく「仲の良い友達から恋人に!」という話は聞きますが、反対に「一生友達宣言」をされることも多いのです。

今回はなぜ友達以上に格上げされないのか、本命になれない理由をまとめて見ました!

1.単純に好みじゃない

「どんなに仲良くなっても外見とか性格とかがどうしても恋愛対象としては好きになれない」(22歳/学生)

「友達としては最高だけど、彼女にするにはちょっと受け付けない。俺の好みとはかけ離れている」(21歳/学生)

はなっから可能性ゼロだったということでしょうか・・・。
親しくなる前に彼の好みの女性をリサーチしておく必要があるようですね。

「完全に正反対の女の子が好みなのか!」と分かれば自分改革してから接近すればチャンスありですよ!

2.ドキドキしない

「二人で食事とか行きなれちゃったし、彼女と二人でいても緊張とか全くないからなあ。今更恋人同士になってトキメキとか無さそう(笑)」(21歳/学生)

「恋人になってもドキドキすることはないと思う。それに今とほとんど関係がかわらない気がする」(20歳/学生)

親しくなりすぎて恋人らしいことをしたいと思えなくなってしまっているんですね。

二人であまりにも仲が良いからといって、ラーメン屋めぐりやカラオケでバカ騒ぎなどは控えたほうがよさそうですね。

二人の空間を盛り上げようと頑張りすぎるのではなく、少し沈黙が流れたり緊張感を持たせておくことが大事ですよ!

要は、完全に「まぶだち」認定されたら先は無いということです。

3.彼女に求めているものが無い

「女友達には楽しさとか気楽さとかを重視するけど、彼女には癒しとかを求めるからあいつじゃないんだよね。
ってか彼女にしたいって思う女の子は守ってあげたいとかあるじゃん?そういう気が起きないよね!ほんと友達って感じ!」(23歳/学生)

「彼女としてこれからも一緒にいると考えたら疲れそう。いや、友人としては楽しいから良いんだけどね」(22歳/学生)

恋愛対象の女性に感じられる女らしさが感じられなくなってしまうとアウトです。
男性は「守ってやりたい」「一緒にいると安心する、落ち着く」という相手を恋人にしたいと考えている人が多いことを念頭においておきましょう!

4.今の関係を壊したくない

「せっかくココまで仲良くなれたのに男女の関係になって、いつか終わってしまうのはもったいないって思う!」(21歳/学生)

「今のちょうど良い距離感を保ちたい」(20歳/学生)

気持ちは分からなくも無いですけど・・・。ならばこっちから壊れてしまうような話を振って見ましょう。

「最近告白されたんだけど」という相談を持ちかければ彼も「え、俺から離れていくの!?」と焦りだして考えを変えてくれるはずです!

おわりに

彼の本命になりたいのであれば近づきすぎは注意です。

一度距離をとって「以前のように近くにいたいなら私を彼女にするがいい!」くらいの姿勢でかまえおくと案外上手くいくかもしれませんよ。

(佐久間 優/ハウコレ)
(新部 宏美/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事