2015.05.23

あえてパシられて!気になるカレとの「家飲みの買い出し」ですべきモテテク・5つ

安いし、わいわい騒げるしくつろげるしということで、お店で飲むよりも家飲みをするのがけっこう好きな人もいると思います。
居酒屋とかで飲むよりも、なんだか恋が生まれる予感もしますよね(笑)。

とくに頑張るべきは、家飲み前や、お酒がなくなったときの買い出しです。ぜひこれを、気になる男子と一緒に行ってください。
この買い出しには、カレを落とせるチャンスがたくさんあります。

今回は、20代女子20人と一緒に「男子と一緒に買い出しに行ったときにすべきモテテク」について考えてみました。

1.遠回り

「まっすぐにスーパー行って、そのまままっすぐに帰ってくるなんて絶対ダメだよね! 
ちゃんと遠回りにして、みんなが『あいつら遅いなー』って言ってくるくらいゆっくり!」(大学生/21才)

これは私も絶対にそうすべきと思います。まずはせっかく2人きりになれたんですから、その時間を少しでも引き伸ばす努力をすべき。
「酔っちゃったからお散歩していこうよー」とか言えばいいんですよ。

2.2人だけで食べるもの

「みんなからおつかい頼まれた分とは別に、『これすごいおいしそうだけど、高いし量少ないから2人だけで食べちゃおうよ』みたいなおつまみを買って行ったら、なんかちょっとしたいたずらっぽくて楽しいと思うな」(ウェブ系/24才)

これは1にもつながりますね。2人用のお酒とかおつまみとかを買って、そのまま公園とかを探してゆっくり楽しんでから帰る口実になります。

3.変なのを買う

「いたずらと言えば、待ってるみんなのために超激辛のお菓子とか、そういう盛り上がる系のを買うのもいいんじゃないの? 選ぶだけで楽しそう」(フリーター/24才)

頼まれたものをきちんと買って帰るだけじゃ面白みがないので、こういうのもいいですね。
「どんなリアクションするかなー」とか言いながら一緒に帰って、反応を見て2人で楽しむ。これだけでかなり親密度が上がりそうです。

4.恋バナ

「よくわからないけど、なんか一緒に買い出しにいった男女って、必ずぶっちゃけた感じの恋バナしながら帰ってくるイメージない?」(看護師/26才)

なんとなくわかりますね(笑)。これが家飲みのいいところ。
居酒屋だったら、酔って恋バナをしやすくなった状態で男女2人きりになることってほぼないですからね。

5.冗談でも「このままどっか行っちゃう?」

「いかに男子をドキッとさせるかが大事でしょ? 
だったら、酔ってるテンションでなんでも冗談になるから『2人でこのままどこか行こうよ』とかくらいに大胆なこと言ってもいいと思うな」(専門学生/21才)

せっかく2人きりになったんですし、これくらい攻めてもいいと私も思います。
最低でも、恋バナのところで「好きな人だれ!?」くらいは酔いにまかせて言いたいですね!

おわりに

どうでしたか?家でまったり落ち着きすぎて、正直買い出しに行くのは面倒に感じてしまうかもしれません。

でも、そこには恋のチャンスがたくさん落ちていますから、気になるカレを「夜道怖いから一緒についてきてよ」と誘ってみましょうね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事