2015.05.29

うわべとは別人?数秘術が教える「気になる彼の本性」

 こんにちは。占術研究家のシン・フォイです。
 「数秘術(ヌメロジー)」を使用して、恋愛を成功に導く方法をご紹介します。今回着目するのは、「気になる彼の本性」。人は誰しも、公的な顔と私的な顔に若干の違いをもっています(もちろん、全く変わらないという方もいますが)。恋愛では、うわべのキャラだけを見つめ続けていても、相手との距離はなかなか縮まりません。「本当のところ、あの人はどういう性格なのか」を理解しておくことが大切です。
今回の計算方法は、きわめてシンプル。生まれた日にちを一けたになるまで足しましょう。たとえば23日生まれの場合、2+3=5。19日生まれは1+9=10 1+0=1。7日生まれの方はそのまま7です。数秘術では「11」「22」を特別数として扱いますが、この記事では一けたに換算してください。

<1のあの人>

内面に強いリーダーシップ願望を秘めています。先頭に立ち、周囲を引っ張ることに喜びを見出すでしょう。あくまでも自分の意思を通したいので、他人の言葉には耳を貸しません。

<2のあの人>

受容性が高く、穏やかな気質の持ち主です。自分が矢面に立たされるのを好まず、一歩さがって状況を見守ります。場の空気が読めるため、知らずにストレスを溜めてしまう事も。

<3のあの人>

あまり深く物事を考えないタイプです。楽しいことが大好きで、煩雑な手続きが大嫌い。同時進行であれこれ手を出しつつ、友達の輪を広げます。飽きやすく忘れっぽいのが玉にキズ。

<4のあの人>

夢よりも現実に重きを置くリアリスト。慎重派なので、何事も時間をかけてゆっくりと行います。そのために決断は遅れがちですが、選択に間違いはありません。人柄は誠実そのもの。

<5のあの人>

夢見がちでせわしない人です。好奇心旺盛で機動力があり、常に「ここではないどこか」への憧れを胸に抱いています。余計なひとことが多く、うっかり口を滑らせて自爆することも。

<6のあの人>

たいへん愛情深く、家庭的な人柄。「居場所」に強くこだわり、慣れた場所では快活ですが、知らない人が多いと引っ込み思案に。芸術的なセンスや感受性が豊かで、おしゃれです。

<7のあの人>

直感が鋭いうえに、頭の回転が非常に速い人。プライベートでは考える時間が長くなり、自然と口数が少なくなります。物静かなようで、変化の機運を先取りする革命思想があります。

<8のあの人>

見た目がどうあれ、心の中では情熱の炎が吹き荒れているタイプ。「ほどほど」「まあまあ」では満足できず、やる時は徹底してやります。上昇志向が強く、日々の努力を怠りません。

<9のあの人>

どこか浮世離れしており、つかみどころがありません。生活のこまごました部分を考えるより、より高い視点で全体を俯瞰することを好みます。放浪を愛し、束縛されるのが苦手です。

おわりに

 「内面キャラ」を把握しておけば、気になるあの人の言動に振り回されることもありません。自分の数字と比べて、「物事に対するとらえ方」の違いを検証してみるのもおすすめですよ。

(シン・フォイ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事