2015.06.01

そ、そんなの反則だってば!カレがたまーに言われたい「胸きゅんフレーズ」・4選

あなたは、彼氏に言われて「きゅんとしたフレーズ」ってありませんか?
きっとあると思います。そういうセリフって、たまに言われるからこそ、もっとドキドキしてしまいますよね。

あなたが彼氏に言われてきゅんとしていると同様に、彼があなたに言われてきゅんとしているフレーズもたくさんあるみたい。

そこで今回は、彼が彼女に「たまに」言われたいと思っている「胸きゅんフレーズ」をご紹介いたします。

1.「○○の彼女で良かった」

「彼女とまったり話していたら、いきなり『わたし、○○の彼女で良かったなあ』って急に言われました。こういうの毎回言われるとありがたみが無いけど、たまに言ってくれるとヤバイね。きゅんとくる。」(24才/営業)

たしかに何回もこういった言葉を言ってしまうと、なんだか言葉の価値が薄れてしまう感じがしますよね。

あなたが彼といる時に「この人の彼女で良かったなあ・・・」と毎回実感していたとしても、その度に言葉に出すのは止めましょう。

1年に1回くらい、彼が忘れた辺りにその気持ちを伝えるのが良いですよ。

2.君付け

「彼女はいつも俺のこと名前で呼ぶんだけど、この前いきなり君付けで呼ばれたんだよね。
なんかすごいドキドキして、定期的にたまに言って欲しいなあって思いました。」(25才/運送)

呼び方って、一回定着すると中々変えることってありませんよね。しかしたまに変えることで、彼はドキっとしてくれるみたい。新鮮さも感じられて、マンネリ化対策にもなるかも。

いつも呼び捨ての方はぜひ君付けで呼んでみましょう。逆に君付けで読んでいる場合は、呼び捨てしてみてくださいね。

3.「○○可愛いっ」

「この前彼女に甘えてたら『もー、○○可愛いんだからっ』って抱きしめられた。
なんか可愛いって言われるのが新鮮で、彼女がお姉さんみたいな感じがしてすごいドキドキしました。」(20才/学生)

男性は「可愛い」と言われるのを嫌うような気がしていましたが・・・「たまに」なら嬉しいんだそう。

あなたが付き合っている彼が同級生か年上であれば、このセリフを言ってみましょう。お姉さんのような魅力が溢れるあなたに、きっと彼はメロメロなはずです。

4.「ぎゅーってして?」

「普段照れ屋な彼女が二人きりになった瞬間に、『ねえ、ぎゅーってして?』って・・・。
可愛すぎてもう、一瞬固まっちゃいました。いや、もちろん抱きしめましたけどね。」(25才/証券)

普段とのギャップで、彼ももっとドキドキしちゃうみたいですね。「たまに」甘えてくる彼女の姿に、もうメロメロなんだとか。

毎回甘える女性も可愛いですが、普段照れ屋ならばたまには勇気を振り絞って。
たまに見せるあなたの大胆な言動に、ドキドキしてくれること間違いナシです!

おわりに

いかがでしたか?
彼が言われてドキドキしちゃうようなセリフはたくさんあるみたい。
「たまに」いってみることで、彼をもっともだえさせちゃいましょう!

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事