2015.06.13

かわいいのに恋愛下手!キラキラ女子たちの「恋の落とし穴」4つ

かわいいのに、なぜか恋愛出来ない女子っていますよね。今回は、そんなかわいい女子たちの恋愛の落とし穴を4つ取り上げてみました。

1.きらきら過ぎる

かわいい女の子は、もちろんかわいくない人よりはモテますよね。美人は生涯年収が1億円違う、と言われるほど、美人はちやほやされやすいもの。

でも、いい恋愛が出来るかは、また別の話なのです。ちやほやされ続けると、自分の悪い部分が見えにくくなってしまうというデメリットがあります。

例えば、SNSでも、自分がかわいいと認識がある場合、たくさんのセルフィーを上げています。そういう人は、自分の外見に一番時間やお金を投資している場合が多いのです。

外見は残念ながらどんどん衰えていくもの。セルフィーの文化が出来たおかげで、よりその傾向が増している今、自分の中身を磨く努力をしましょう!

2.理想が高い

かわいいと言われる人は、自己評価を高く保つことが出来ます。褒められる回数が増えれば、それだけ自信もついていくからです。そして、自分の理想も比例して高くなっていきます。

自分が素敵になれば、相手も素敵な人がいいですよね。それが、同じくらいの素敵ならよいのですが、自分と釣り合わないくらい素敵な人を求めてしまう場合があります。
そんな思考に陥ってしまうと、いま既に出会っている素敵な人まで見つけられなくなってしまうのです。

理想が高くなりすぎては幸せになれないので、客観的な自分を見つめ直すようにしましょう。

3.男性を見下す傾向がある

自己評価が高いと自信もつくのですが、それが悪い方向へ動くと、相手を見下してしまう、という事態に陥ります。

自分はすごい、相手はすごくない、という考え方はとても勿体ない考え方です。
男女関係においても、見下された場合、男性のプライドは折れてしまいます。

かわいいけど内面がダメ、そんなふうに言われている人はこんな傾向があるのではないでしょうか。
自分に自信もあるし、相手のことも認められる。そんな女性になっていきましょう。

4.選択肢が多すぎる

かわいい女の子は、たくさんの出会いがあるはずです。でも、彼氏や本当に好きな人が見つからない。そんな人も少なくないのです。

実は、選択肢が多い場合に、「選択回避の法則」というものが働いてしまいます。選択肢が多すぎると、結局いつもの選択をしてしまう、という法則です。

例えば、中華料理屋さんで40種類の本場のメニューがあったとしても、自分がよく頼むものを頼んでしまう、そんな感じです。

出会いが多い場合でも、結局誰がいいかわからなくて、いままでその人がしてきた選択を自然としてしまうのですね。
本当に恋人が欲しい場合は、自分で選択肢を減らす努力をしてみましょう!

おわりに

かわいいこも、なかなか大変なのかもしれないですね。「かわいい」の落とし穴をふまえて素敵な恋愛をしていきましょう。

(いい女bot/ハウコレ)
(横田 彩夏/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事