2015.06.18

まだチャンスはある!?元カレと復縁するための「きっかけ作り」・4選

喧嘩が原因でカッとなって彼と別れてしまった経験がある人は少なくないんじゃないでしょうか。

「あの時別れの言葉なんて言うんじゃなかった」と、冷静になった時に後悔することもありますよね。
「もし叶うのなら、もう一度彼とよりを戻したい」と復縁希望している女性の皆様。まだ希望はあります!

行動するにはまずきっかけが大事です!
今回は、よりを戻すきっかけづくりをシチュエーション別にまとめてみました!

1.普段から会える場合

「付き合っていた頃ほどいつも一緒にいる様なことはしないで、いい距離を保つようにしたよ。
私は絶対に復縁したいって思っていたから、そのチャンスの時まで距離を離しちゃいけないと思ったからさ!」(22歳/学生)

学校やバイト先などが同じで、別れても顔を合わせることが多い場合。まずは友達として接するところから、徐々に距離を詰めていけるといいですね。
変に避けたりせず、べたべたくっついたりもしない調度いい友人の位置を保つことが大切です!

彼と心地のいい会話や雰囲気を繰り返すことで「なんで別れたんだっけ?」と思わせることができれば大成功!!くれぐれも衝突や接近しすぎには注意です!

2.LINEで繋がっている場合

「別れた後もLINEだけでも繋がっていたいと思って、友人としてLINEは続けさせてもらっていたよ。彼の日常の悩みから恋愛相談まで聞く役に回ったこともあったけど・・・。
それが逆によかったみたいで「俺のこと一番分かってくれるから」ってよりを戻せたの!」(25歳/銀行)

会うことはないもののLINEは出来る程度、友達的な場合。頻繁に連絡し過ぎないように、彼の相談にも広い心で乗ってあげましょう!
彼の恋愛相談を聞く様なつらい役目も担う可能性がありますが、LINEで繋がっていられるのはチャンスが掴みやすいですよ!

くれぐれもしつこく連絡を取らないように。適度な頻度でLINEを続けられるといいですね。会わない時間が長くなれば、そのぶん付き合っていた頃の思い出は美化されがち。
彼が「元カノ、良かったな…」と思ってくれるまで強い忍耐力で耐え抜けることが大切です!

3.共通の友人がいる場合

「共通の友人が一人いて、別れた直後ずっと「彼のことがまだ好き」っていうことを相談していたの。
そしたらその友人が、彼が落ち着いた頃に「まだ好きって言ってたよ」みたいにそそのかしてくれた!」(27歳/飲食)

大切なモノは失ってから気付く。そんなふうに、別れて時間がたってから後悔しだす人も少なくありません。
そんな時の友人からの「まだ好きらしいよ」のひとことはかなり大きな影響力を持っています!共通の友人をうまく使うことができれば、彼も考え直してくれるかも!?

4.遠距離で連絡も途絶えた場合

「本当に無くしたわけじゃないんだけど、「家に私のピアス落ちてなかった?」って別れて時間がたったころに急にLINEを送ってみたの。
その時の彼の反応が悪かったら本当に諦めようと思っていたんだけど、予想外に丁寧に返事くれてさ!それからLINEが続くようになって、接点を持つことができたよ!」(26歳/広告)

別れてしまって接点が全くない人は、無理矢理にでも作っちゃいましょう!「忘れ物」や「彼の誕生日」など口実を作ってLINE送っちゃえ!!

丁寧に返信してくれるなら、もしかしたら彼にも未練が残っているのかも!?

おわりに

まずは、きっかけを作るところから焦らずに進めていきましょう!もし彼にもまだ気があるようなら、そこからとんとん拍子で復縁までいくこともあります。
彼が好きならとことん頑張れるところまで、頑張ってみましょう!

(佐久間 優/ハウコレ)
(ヴィエンナ/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事