2015.06.28

黒いヒザでミニスカートはNG!「ヒザ汚いな」と思われない為のポイント4つ

こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。みなさん、足の毛や浮腫みをきにすることは多いと思うのですが、ヒザの黒ずみのケアは行っていますか?
白くて美肌脚、細いカモシカ脚と、うらやましい程の美脚をもっているのに、よく見たらヒザが真っ黒・・・これほど残念なことはありません。特に、白い肌であればあるほどに目立ちますよね、ヒザの黒ずみ。時には、何かの模様にすら見えてしまいそうです。
今年の夏は、ヒザケアを大切にしてヒザまでキレイな美脚を目指してみませんか?

そもそもヒザを黒くしない為に

ヒザが黒くなる理由ってご存知ですか?ヒザの黒さの原因は様々あるのですが、比較的多い原因が「摩擦」と「角質」です。

ヒザを床につく機会が多かったり、足を組む癖があってよくヒザに摩擦を起こしていたり、乾燥して角質が溜まりやすかったりするとヒザがだんだん黒ずんできます。デニムのような固い生地のお洋服を着て足を組んだりしても摩擦が起きやすいですよね。摩擦が起きると乾燥もしやすくなるので、余計に角質も溜まるのです。
ヒザはもともと、皮膚が伸びたり縮んだりして陰になる場所でもあるので、どうしてもワントーン暗い色に見えやすいのですが、ヒザを伸ばしてもなんだか薄っすら黒い場合は、ケアすべきタイミングかもしれません。
まずは、ヒザを黒くしない為に、足を組むような動作も控えめにして保湿を忘れないようにしましょう。

それでも黒くなってしまったら

どうしても黒くなってしまったヒザ。そのまま諦めるのはちょっと悔しいですよね。
なんとなく黒ずんできた?と思ったら、まずはお風呂でしっかり温めて、スクラブなどでケアしてあげましょう。間違っても、ナイロンタオルでゴシゴシこすったりしないように注意してください。スクラブの後はたっぷり保湿で角質を柔らかくします。小まめにケアしていくと少しずつ綺麗なヒザに変身していきますよ。

顔と同じような美白ケアをしよう

筆者は「あ、ちょっと手遅れかも・・・」という時があって、少し焦りつつ皮膚科に相談してみたのですが、ヒザもやはり「皮膚」なので、美白ケアはとても効果的とアドバイスしてもらいました。日頃からの美白クリームなどでもいいそうです。その時は、美白効果の高いお薬の「ハイドロキノン」を処方して頂きました。毎日、少しずつ塗り込んでヒザの黒ずみ退治をしたことがあります。お肌への美白ケアは何でも効果があるということだったので、きゅうりパックやヨーグルトパックでもいいそうです。

日々の予防が大切

ヒザはついついケアを忘れがちな場所ではありますが、スカートを履くと一番目立つ場所でもあります。毎日の顔のケアをする際に、化粧水や美容液をヒザまで塗ってあげるようなこまめなケアが大切。ヒザに黒い模様を作る前に、日頃のケアを大切にしましょう

おわりに

ヒザやヒジは年齢を感じやすい場所でもあります。乾燥して岩のようになっていたり、真っ黒だったりすると大ショック!年齢まで上に見られる場合もあるので要注意なのです。
つやつやヒザは一日にしてならず!今夜からケアしてみてくださいね。

(川上あいこ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事