2015.06.28

内気&オクテ女子が見習うべき「KY女子の恋愛行動」4つ

あなたの身の回りで「空気読めないな、この子……」「え、いまそれを言うの?」と思ってしまうような、俗にいうKY(空気読めない)女子はいませんか?

空気の読めなさで周りから鬱陶しがられることも少なくない彼女たちですが、「人の意見が気になって自分を出せない」という内気女子には、周りの空気を読まずに自分を積極的に売り込んでいくKY女子の姿勢は、見習うべき部分もあります。

そこで今回は、恋愛に消極的で好きな人の前になると、思わずモジモジしてしまうタイプに向けて、KY女子から見習うべき行動についてまとめてみました。

1.強引に声をかける

「俺の男友達と話しているのを見ると、『ねえねえ、何の話?なに話してたの?』としつこく聞いてくる女友達。
あまりにしつこいからふたりとも苦笑いだけど、後からその男友達のことが好きなんだと、彼女から聞かれて納得しました」(20歳/男性/大学生)

空気が読めない女性の特徴として、強引にでも話しかけてくる印象はありませんか?
相手のことを一切考えずに話しかけてくるため、自己中心的に感じる人も多いかもしれません。

でも、恋をするにあたって、まず大事なのは自分から好きな人に声をかけたり、積極的にアプローチすることですよね。

好きな人を遠目からいつまでも見ていたところで、ふたりの距離は変わりません。時には図々しく声をかけられるよう、彼女たちの姿勢を見習いたいですね。

2.マイペースに異性と接する

「男友達がひどい振られ方をされて、仲間同士で励まそうと集まったんです。
ところが開口一番『◯◯君、振られちゃったの?可哀想~』と声をあげる彼女に、周囲の雰囲気がヒンヤリ。わざわざ口に出しちゃうところが彼女らしいけど……」(21歳/男性/大学生)

空気の読めない人ほど、天然でどこか抜けているイメージがありますよね。そういったタイプは普段からおっとりしていて、穏やかなタイプが少なくないもの。

「どんくさい」「バカっぽい」という印象を抱く女子も多いかもしれませんが、男性にとって女性は多少抜けている方が可愛げがあるようです。
話していて思わず肩の力が抜けるからでしょうか。

性格が優しければ男性は母性を感じ、女性として意識しやすいものです。
一方でいつもピリピリして不機嫌な態度を取っていては、男性も声をかけづらく親睦を深めづらいですよね。

時には彼女たちの天然っぷりを見習いながら、片意地張らず異性との関わりを楽しんでみては?

3.分かることも平気で分からないと言う

「気になる男性を前にすると、決まって『え~、わからないから教えて』とぶりっ子する知人A子さん。
この前の飲み会でも相手に体をグイグイと近づけていて、男友達困っていました」(19歳/男性/専門学生)

好きな人を前にして態度が多少変わるのは仕方ないですが、目にする男性のたびにコロコロと態度を変えていたのでは、ぶりっ子が過ぎると思われても仕方ないかも……。

でも、お互いの間に何かひとつでも接点を見つけることは大切なことです。共通点が生まれた方が話も弾みやすく、距離も縮まりやすいですよね。

ただし、あまりあざとくやってしまうと引かれてしまうので注意が必要です。

4.自分の意見をハッキリと言える

「仲間達とどこでご飯を食べようか迷っている時、『私、それ嫌い~』『◯◯にしようよ~』と口を挟む女友達を見ていると、もうちょっと空気読んでよ……と思います。まあ、後から文句言われるよりはいいんですけど笑」(20歳/男性/学生)

周りの気持ちを考えず、ズケズケとものを言うのも空気が読めない人の特徴ですよね……。とはいえ、自分の意志をきちんと伝えることは、恋愛には欠かせないことです。

いつも受け身で男性のあとをついて行くようでは、彼もデートを本当に楽しんでくれているのか悩んでしまいそう。
自主性をきちんと持って、恋愛を大いに楽しみたいですね。

おわりに

いかがでしたか。一般的に空気が読めない人は嫌われがちですが、恋愛に消極的な人は空気が読めないくらいが案外丁度いいかもしれません。
KY女子を見習って、積極的に恋愛を楽しみたいですね。

(柚木深つばさ/ハウコレ)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事