2015.06.28

長年付き合っていても困る!?彼との会話が続かない時の対処法・4選

付き合い始めの緊張からくる沈黙とはまた違って、付き合いが長いからこそ会話がなくなってしまうことってありますよね。
日常的な会話を続けるにしても普段から連絡を取っていると、聞くこともあまりないですし・・・。

「二人の時に何話していいかわからない!」と悩んでいるあなたへ!
今回は、彼と会話が続かない時の対処法をまとめてみました!

1.最近どうなの?

「相手の仕事の話とか、以前友人と遊びに行っていたときの話とかをあえて聞く!
普段どうでもいいことは聞かない主義なんだけど、こういう場合はグイグイ聞きに行くよ(笑)」(26歳/広告)

「興味ないことは話しません」というスタンスを普段貫いているあなたは、ここぞとばかりにいつもは聞かない彼の話を率先して聞いてみるといいかもしれません!

彼も「よくぞ聞いてくれた!」ばかりに饒舌に語ってくれるかもしれませんよ!

2.この後どうしよっか!

「ご飯食べた後の話をするかな。やっぱ計画的に進めたいしね!それで会話も続くし一石二鳥かな!?(笑)
今日の予定の計画を練りながら、次回はここにも行きたいねって次の約束も取り付けられるよ!」(22歳/学生)

普段からお互いのことを話していて「あえてここで話すべきネタがない!」というときには、その後の予定を話し合うと盛り上がること間違いなし!
以前来たことのある場所なら、その時の思い出話をするのも盛り上がりますよ!

3.この間さー!

「とにかく彼に関係ない話でもなんでも、自分の話をしまくる!沈黙の時間が嫌いだから、とにかく自分で喋りまくって時間を埋める!」(20歳/学生)

相手に求めるより、まず自分から行動に移すのも一つの手ですね!
あまりに自分のことばかり喋りすぎて「自分の話大好き彼女」のレッテルを張られないように注意が必要にはなりますが・・・(笑)

彼のことも「~なことがあったんだよ!どう思う!?」という風に巻き込んであげると一緒に盛り上がれそうですね!

4.いっそのこと喋らない

「私はどうしても喋ることが苦手で、彼といつも沈黙になっちゃうんだけど・・・。
彼の眼をじっと見つめたり、手を握ったり、自分なりにコミュニケーションが取れるように頑張ってる!
彼も見つめ返してくれたり、笑ってくれたりするから、それなりに楽しいよ!」(23歳/出版)

どんなに頑張っても「喋り」に向いていない人もいますよね。
そんな人は無言のコミュニケーション力を身に着けるといいかもしれません!

彼の眼を見つめて「そらしたほうが負けゲーム」を仕掛けてみたり、変顔で笑わせてみたり、自分オリジナルの無言コミュニケーション力を磨いていきましょう!

おわりに

いかがでしたか?
特にお互いが普段聞き手だと、二人でいるときは沈黙になりやすいですよね。

ですが、沈黙の時間でも楽しく過ごせるほどの仲になったという証拠でもあります!
あまりおしゃべりで盛り上がらないからと落ち込む必要は全くありませんよ!

(佐久間 優/ハウコレ)

関連記事