2015.06.29

言葉以上の壁が!?外国人男性と付き合う前に覚悟すべきこと・4選

こんにちは、ぽこひろです。
外国人男性と付き合いたいなと思っている女子は、やはり一定数いると思います。イケメン率が高くて、刺激的で、しかも「彼氏は外国人」というのはある種のステータスにもなりますから、気持ちはわかります。

しかし、経験者に言わせると、なかなか難しい問題もあるそうですよ。言葉の壁だけが注目されがちですけど、それ以上にもたくさん。

そこで今回は、外国人男性と交際経験のある20代女子20人に「外国人男性と付き合う前に覚悟すべきこと」について聞いてみました。
「I love you」の甘い言葉に絡め取られる前に、しっかりと熟考してください。

1.剃らされる

「一番衝撃的だったのは、下の毛を剃らされたことですね。ある日お風呂に入ってたらカレが入ってきて、『ソロウヨ』って……。
まあそれっきり、ずーっと剃るのが習慣になっちゃってるんですけどね(笑)」(編集/26歳)

出ました……。これは結構多いみたいですね。外国人は、国によっては男女問わず剃っているのが当たり前と言います。
日本人女性で言うところの、わき毛とかと同じ感覚なのかもしれませんね。

2.離れる

「これはほとんどの人が考えるところだと思うけど、日本にいる外国の人は、結局はいつかまたどこか外国に行っちゃう人が多いからねー……。
そのへんは考えてからにしないと、付き合ってから辛いよね」(営業/25歳)

これは間違いないでしょうね。日本に永住するという人がごく一握りではないでしょうか。

しかも、遠距離恋愛といっても、彼氏が1年留学するとかそういうレベルではありませんからね。まあ、結婚して海外に行きたい、と思ってむしろそこを狙う女子もいるんでしょうが。

3.浮気が当然?

「日本人ほど、『カップル間では浮気は当然禁止!』的な考えが強い人はなかなか珍しいのかも。
もちろん、きちんと話し合えばそういうのも無理ではないけど、やっぱり浮気願望は強いというか、当たり前に持ってる人が多いかも」(大学院生/25歳)

これも聞きますね。なんの悪びれもなく浮気をしてくると。こういったことも、きちんと付き合う前に話し合っておかないとダメな問題です。

付き合った後に言っても、向こうからしたら「そんなの聞いてないよー!」となってしまうかもしれませんから。

4.深く理解、が難しい

「言葉の問題といえばそうなんだけど、そもそも価値観とか文化も全然違うから、言葉以前に理解不能なことは多いよ。
しかも、その違いについて深く議論するのも難しいしね。簡単な英会話ができるくらいだと、恋愛哲学的な話って全然できない」(秘書/28歳)

みなさんもカレとはたまに「好き」とか以上の突っ込んだ話をすることがあると思います。
そういった話はカップル間ではえてして重要ですが、これをできないとなると、気持ちが不完全燃焼になりがちかもしれません。
もちろん、心で通じあえるようにもある程度はなると思いますが……。

おわりに

いかがでしたか?これら以外にも、さまざまなハードルを感じたという女子が多かったです。

とはいえ、これらのハードルは日本人男子と付き合うのではなかなか体感できないことですから、思い切ってその苦難にチャレンジしてみるというのも、経験としてはアリでしょうね。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事