2015.06.29

悲観しすぎはもったいない!?彼氏と距離を置くことのメリット・4選

交際期間が長いほど「一度相手と距離を置いた」「一度別れた」という経験をしたカップルが多いです!
「距離を置く」=「別れる一歩手前」と結び付けて悲観的になってしまいがちですが、長い目で見れば「長続きしやすい」というメリットもあるということ!

今回は、距離を置くことのメリットをまとめてみました!
今、距離を置いていて悲しい気持ちでいっぱいになっている人は、この記事で前向きに「距離を置く」ことを考えていきましょう!

1.相手のことを冷静に考えられる

「距離置き始めは「あんな奴と付き合ってられない!」って気持ちが強かったの。
けど、悪いところもあるけど良いところもあるって冷静になって思った!悪いところは、これから直せる部分もあるからね!」(21歳/学生)

付き合っていくと相手の嫌な面ばかり目につきやすくなってしまいますよね。
距離を置くことで、付き合ったきっかけや彼の好きなところなども含めて相手のことを見つめ直すことができるいい機会になります!

2.自分の反省点も見つかる

「絶対に彼が悪いって思っていて、完全被害者面していたんだけどさ。
距離置いている間に友人に距離置いた経緯とか愚痴とか聞いてもらっていたら「お互い様じゃない?」って言われてさ!
私もダメな部分があったなって反省できるいい機会になったよ」(25歳/広告)

特にケンカが原因で距離を置くことになった場合は自分の反省点も見つけられるいい機会になりますよ!

相手ばかりに求めすぎていなかったか改めて考えて、相手に変わってもらうだけでなく自分も変わっていくことも大事ですからね。

3.どうしたらうまくいくのか考える時間、余裕ができる

「本当にケンカが絶えなくて「この人とは合わないからケンカが多いんだ」って思っていて、お互いにケンカ続きで疲れていたから距離を置いたの。
でも、考えたらケンカの原因ってどっちかの行き過ぎた我儘だったりするから、少し我慢したり相手を思いやれば改善できることに気づけた!」(22歳/学生)

「好き」という感情だけでは付き合いつづけることはできません。
今後、彼とうまく付き合っていくには何が必要なのか、お互いに考える時間が必要です。

さらに、余裕ができることによって冷静に客観的に考えることができるので距離を置くことは今後のことを考えるためには必要なことのなのかも知れませんね。

4.距離を置いたことが自信につながる

「大ゲンカから距離を置くことになったの。距離を置いている間はお互いにほかの異性との交流もあったし言い寄られたりもした。
けど、それでもやっぱり今の彼が良いって思えた。彼も同じだったみたいで、以前よりかたい絆っていうか信頼できるようになったかな!」(24歳/飲食)

悲しいですが、距離を置いても必ずまた戻れるというわけではありません。距離を置いたことで別れてしまう恋人たちもたくさんいます。

しかし、距離を置いて離れたからこそ彼がやっぱり好きだと改めて思えたり、その後戻ることになれば、「距離を置く」という大きな壁を乗り越えたということで自分たちの関係に自信をもつことが出来、お互いを深く信頼することができるようです!

おわりに

完全に別れを前提とした「距離を置く」でなければ、前向きにお互いのことやこれからについて考えるいい機会だと思いましょう!
彼もきっと、あなたのことを考えて距離を置いているはずですよ!

(佐久間優/ハウコレ)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事