2015.07.01

乗り越え方で未来は変わる!?「正しい失恋の乗り越え方」とは?

人はたくさんの恋をして、自分に本当にあった人を見つけます。出会いと別れを繰り返し、その過程で子供の心から大人の心へと成長していくのです。

だから、失恋なんかで下を向いている暇はありません。
失恋したことに嘆くよりも、失恋をどう乗り越えるのかが、あなたが運命の人と出会うための“ミッション”なのです。

そこで、そのミッションをクリアするための正しい方法を、心理カウンセラー資格を持つ筆者がご紹介しましょう。

1.失恋したら、ノートに気持ちをぶちまけましょう!

「今の時代にノート!?」と思う方が多いかもしれませんが、ブログやSNSのように、人から見られるものは本心が現れにくいので、“ノート”がお勧めです。

人には言えない気持ちや恨みごと、ののしる言葉etc、心に浮かんだことは“書きなぐる”くらいが丁度良いでしょう。
書きなぐっていくと、何となく心が整理されて気持ちが落ち着いてきます。

そして、心が落ち着いたら、ノートを読み返してみましょう。人は感情的になると一定の失敗行動を繰り返してしまいがちです。
ノートを読み返すことで、自分を知り、二度と同じ失敗を繰り返さないように注意することができます。

2.「頑張ったね」と自分をほめてあげましょう。

好きな気持ちを無理に忘れる必要はありません。

あなたはちゃんと愛することができましたか?彼のことを心から大切に思えたなら、誰が悪いのでもなく、彼とあなたは合わなかっただけなのです。

だから、心から彼を愛した自分を褒めてあげましょう。心の痛みを知ったあなたは、昨日よりも優しくなっているはずです。

3.思いっきり泣いて、誰かに気持ちを聞いてもらいましょう

失恋したら、声をあげて泣きましょう。泣いた方が悲しみは早く癒えてくれます。悲しみが癒えると冷静に向き合うこともできます。

そのタイミングで気の置けない友人に話を聞いてもらいましょう。何でもいいので、心に浮かんだことをつれづれに話すのです。

話すことで心が整理されますし、第三者的な友人の意見で、反省点や前に進むきっかけに気づくこともあるでしょう。
何より、誰かに聞いてもらうことで、心の傷は少し楽になりますよ。

4.心が少し元気になったら、何か自分が楽しくなることをしましょう

「人は忘れる生き物だから……」と言われていますが、記憶をしまった場所が分からなくなって、必要な記憶を取り出せなくなっているだけなのです。
無意識下では、人の記憶は全てあるといわれています。

だから、単に忘れたつもりで現実逃避しているだけだと、「恋=傷つく→逃げる」といった回路を脳が覚えてしまいます。それによって、あなたの心を守るために、新たな恋を避けて進む癖を作ってしまうのです。

だから、しばらくは新たな恋を探すのはお休み。失恋の傷を受け止め、その傷が癒えるまで、自分の時間を楽しみましょう。これは、心が成長する時間です。次の恋(ミッション)の準備期間でもあります。
準備ができていない間は、出会いを望んでも、無意識のうちに恋を恐れてチャンスを避けてしまうので、上手くいかないものですよ。

おわりに

失恋した直後は、二度と恋ができない、自分は幸せになれない、なんて思ってしまうかもしれません。

でも、それは過去の失恋が生みだした経験則に過ぎないのです。ミッションを一つ一つクリアしていけば、幸せな出会いがあなたを待っています。

「予測不可能で幸せな未来が待っている!」と信じる勇気が今のあなたには大切ですよ☆

(鶴山あずさ/ハウコレ)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事