2015.07.02

Don't look back!元カレとの関係をすっぱりきっぱり清算するコツ・4つ

ずっと一緒だと信じていた彼…。大好きだった人との別れほどつらく苦しいものはありません。
でも、みなさんよくご存知の通り、失恋のショックは必ず時間が解決してくれるんですよね。

一生分の涙を使い切ったと思えるくらい泣きはらしたあと、「もう大丈夫!」と前を向いて歩き始めたアナタ。偉いです、本当に強い。
しかし、それを引き戻そうとする結構なKY男(=元カレ)がいるもので…

そこで、元カレの煮え切らない態度や、ふとしたきっかけに流されてしまわないよう、今回は「元カレとの関係の清算方法」についてお伝えしようと思います。

1.元カレグッズを思い切って全て処分

「思い出の品は捨てなって散々友達に言われたけど、本当にその通りだった。写真とかペアリングとか、すがるものがなくなると自然と気持ちも薄れていって、なんであんなに元カレに固執してたんだろうって今は不思議なくらい(笑)」(23歳/事務)

2人の幸せが詰め込まれた思い出グッズの数々を、一つも残らず処分するのにはかなりの勇気がいることでしょう。

ですが、モノがフラッシュバックを引き起こす力は想像以上に強大です。
まずは後先考えずに無心でごみ袋に放り投げていきましょう。思い出もゴミと一緒に、すっきりクリーンになるはずです。

2.彼と繋がっているSNSを断ち切る

「ひとつでも連絡手段が残ってると、またずるずる…ってなっちゃう可能性大だから消すべき。
最初は気になるけど、そのうち昔のクラスメートの名前忘れるみたいな感じで記憶の中から消えていくよ」(20歳/学生)

モノより厄介なのが「SNS」。彼のフォローを外しても、大学や職場など、つながったままの共通の友人の投稿などでうっかり彼の姿を発見してしまうことも・・・!

そうなれば、せっかくの固い決意がいともたやすく揺らいでしまいます。
ログアウトしてしばらくSNSを使わない、彼関係の投稿を非表示にするという方法が最も簡単ですが、未然に防ぐには有料の消去アプリなども出ていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

3.「戻る気はない」と声高に宣言する

「向こうから振ってきたクセに「またご飯行こう」とか誘ってくるので、「悪いけど、私ヨリ戻す気ないよ?
今さら頑張ってくれても気持ちはもう戻らない」って伝えた。そしたらぱったり連絡来なくなった」(22歳/営業)

「効果があったかはわからないけど、LINEのひとことの欄に「涙はもう枯れた 前を向いて歩こう」って嫌味書いておいた(笑)
なんか、そういうプチ宣言みたいなのも時には必要じゃない?」(21歳/美容師)

「もうあなたのことなんて眼中にないわよ!私は立ち直って強くなったのよ。へっ!」と公言してしまう、潔い方法ですね。中途半端な元カレにとどめを刺す感じで、すごく痛快!!

一切関係を取り戻す気がなく、彼にどう思われても構わないのならこれで行きましょうか(笑)

4.「なかった」ことにしてしまう

「大好きのまま別れたなら難しいかもしれませんが…私の場合は、「元カレなんていなかったんだ」と自己暗示をかけて、付き合い自体をなかったことにしてしまいました(笑)
もちろん別れた直後はひどく肩落としてましたけど、思い込みってすごいですよ。
仕事柄、元カレとはまだつながっているんですが、今では「知り合いだけど大して親しくない男性」という体で接していますからね」(24歳/コンサル)

なかなかの強者…!でも確かに、自己暗示の効果は侮れませんよね。
毎日「彼氏なんていなかったんだ」と頭に刷り込んでいたら、本当にただの知り合いにしか見えなくなって彼への感情も消え失せてしまうなんて、やってみる価値は大いにありそう。

特に、感情の起伏が平坦な淡白系女子はこの方法でうまくいくかもしれません。

おわりに

「無理して忘れなくてもいいじゃない」と言う人がいる一方、「早く忘れな」と言う人もいます。今回は後者の立場からお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

前に進みたいという強い意思があるならば、過去の事はきれいさっぱり水に流すくらいの勢いがあると良いのかもしれませんね。

(成瀬いづみ/ハウコレ)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事