2015.07.06

楽しいライブが台無し!夏フェスで周りから嫌がられるカップルの行動・4選

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
ロックバンドが好きなカップルにとって、最高のデートスポットともいえるのが夏フェス。
ロックバンドが好きでなくても「興味あるから彼氏と夏フェスに行こうかな」と考えている方もいるかと思います。

いざ、行ってみて自分たちは満足をしても、周囲からは「あのカップル本当に迷惑!」なんて思われてしまっている場合もあります。

そこで今回は、夏フェスへ行く前に知っておきたい「周りから嫌がられるカップルの行動」を4つご紹介したいと思います。

1.どのバンドを見るかで大ゲンカ

「去年フェスに行った時、移動通路でカップルがどのバンド見るかで大ゲンカしていた。あれは本当に迷惑。」(24歳/事務員)

フェスで喧嘩だなんて、周りにも迷惑をかけるし自分たちも楽しくないですよね。
フェスに行く前に自分がどのバンドを見たいか、事前に計画を立てておくのが夏フェス準備の鉄則。

彼と公開されたタイムテーブルを見ながら、きちんと計画を立てておくと喧嘩を防ぐことができます。

2.ステージ付近でイチャつく

「ステージ付近なんて人でぎゅうぎゅうなのに、手を繋いでくっついているカップルがいたな。あれは空気読んで欲しい。」(26歳/飲食店員)

ロックフェスのステージ付近は、満員電車並みの人で溢れています。
バンドによっては、そのような人混みにダイブをしてくるようなファンもいたりします。
そんな所で手を繋いで彼と離れない!なんて迷惑極まりない行為です。

どうしても彼と楽しみたいのであれば、そのような人混みを避けて後ろの方でゆっくり楽しむようにするといいですね。

3.彼氏が音楽に合わせて大熱唱

「カップルが最前列でライブ楽しんでいたけど、彼氏がボーカルに合わせて歌いはじめてさ・・・。
お前の歌声なんか誰も聴きに来てないんだけどって思ったわ。」(24歳/介護職)

ボーカルに合わせて歌いたくなっちゃう気持ち、とっても分かります(笑)
しかし、ライブでそんな行為をして良いのはバンド側が「お前ら歌え!」と煽ってきたときのみです。これがお約束です。

彼氏の歌声でうっとりしたいのであれば、2人でカラオケに行ってくださいというのが周りの本音。
夏フェスでは、彼氏の歌声よりバンドの演奏を楽しむようにしましょう。彼氏が歌い始めたら「バンドに集中しようよ」と声をかけてあげるのも大事です。

4.彼女の服装が気合い入り過ぎ

「彼女が花かんむりをつけて、足元はヒールのサンダルっていう服装をしているカップルを見た時は震えた。」(20歳/大学生)

雑誌なんかでも「夏フェスファッション!」なんていって、このような服を着たモデルさんがいますよね。はっきり言います。あんなファッションで夏フェスに行ったら、間違いなくケガ人が出ます。

ヒールで飛び跳ねて楽しんでいたら、誰かの足を踏んで骨折させてしまった・・・なんてケースを実際に私は見ています。その経験から、ヒールはやめておくことをオススメします。また、自分もヒールを履くことで足を痛めてしまう可能性もありますしね。

夏フェスに行くときは、スニーカーを履くように意識しましょう。あと、花かんむりも邪魔になってしまうので、避けておくのが無難です。

おわりに

夏フェスは多くの人で賑わいます。周りに気遣えるカップルだと、さらに好感度が上がること間違いナシ!是非、この記事を読んで夏フェスに備えて下さいね。

(矢沢ゆう/ハウコレ)

関連記事