2015.07.19

「腹肉にジッパー」!?立ってるだけでシェイプアップしちゃう方法・4つ

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。
今日も小さな積み重ねをしつつ「チリツモ美容道」を爆進しましょう!今回は「立ってるだけでウエストを引き締める」そんな夢のようなポイントをお伝えします。

お腹に脂肪溜まってませんか?猫背の恐怖

普段は歩くくらいしか運動をしない筆者ですが、週に一度はジムでマンツーマン指導をしてもらっています。そんな時、必ず注意されるのが「肩」。腹筋がなくて無意識で背中が丸まってしまう為、肩も身体の内側へ丸まってしまっているのです。いわゆる「猫背」。これは、職業病もあって、一日8時間前傾姿勢で働いているので癖になりつつあるのですが、猫背になるということはお腹に脂肪が溜まったような姿勢で固定されるということです。
わざと猫背になると腹部に脂肪が溜まる感覚がわかると思います。お、お、恐ろしい・・・
まずは、立った際に胸をしっかり開いてみてください。開いた時に、鎖骨の下辺りのリンパが痛くなったりしませんか?胸を開いて、痛いところをマッサージ。それだけでもすっきりしますし、胸をしっかり開いて立つのって案外腹筋を感じる姿勢なのです。

後ろで手をつなげますか?背中の肉を感じて生きよう

胸をしっかり開いたら、後ろで手を組んでみてください。そのままどのくらい立っていられますか?1分立っているのも結構辛いはず。背中のコリや贅肉、腕のむくみまで感じて、自分の肉襦袢の厚みをこれでもかと体感させられます。しかも、この姿勢って案外腹筋を使います。騙されたと思ってお試しあれ。

お腹にジッパー

上の2つの動きをするだけでもすっきりしますし、ウエストシェイプにも繋がりますが、人混みで混雑しているところでストレッチやマッサージをするのは難易度が高いですよね。女性として「羞恥心」は大切にしたいポイントです。
そんな混雑する場所では「立ち方」を意識してみましょう。意識するポイントは「腹肉にジッパー」です。まずは、両足でしっかり立ちます。お股の辺りから胃の辺りまでジッパーがあるデニムを履く自分をイメージしてみてください。サイズギリギリのジッパーを上げる感覚です。下からゆっくりジッパーを上げていきましょう。上までジッパー上がりましたか?その姿勢で立つことを一日数回行うだけで、腹筋が鍛えられるそうです。辛い腹筋を何回もやるのもいいですが、この立ち姿は姿勢も美しくなるので一石二鳥なのだとか。
ちなみにですが、息は止めずにゆっくり吸って吐きましょう。

片足だけ外側むいてない?体重を両足に

無意識に立った時、片足だけ外側を向いていたりしませんか?そんな場合は骨盤の歪みも疑われるそうです。立った際の足の向きも気にしながら、腹筋を意識して立ってみてくださいね。

おわりに

「立っている」ただそれだけで腹筋を鍛えられるこの方法は、インストラクターさんに教えてもらいました。信号待ちや電車待ちの時もちょこちょこと実践することで、常に姿勢も気にしますし腹筋も鍛えられるし「美しい立ち姿」を手に入れられるので重宝しています。
姿勢が悪いのって目立ちますし、背中のお肉はオバサンっぽく見えたりします。残念な姿勢にならない為にも、今日から試してみてくださいね。

(川上あいこ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事