2015.07.09

「イイ男いない~」は非モテになる!?恋が遠のくNGワード・4選

両想いとはいかなくても、好きな人がいるだけで毎日が楽しくなりますよね。

「恋したいなー」という気持ちはあるのに、なかなか好きな人もできないという人は、知らず知らずのうちに自分で恋愛を遠ざけてしまっているのかも。

そこで、男性に「恋愛を楽しんでいなさそうな女性がよく使っている言葉」についてインタビューしてきました。

1.「イイ男がいない」

「同僚にいつも「イイ男がいない」と言っている女性グループがいるんですが、まわりに結構男はいるはずなのにその発言はかなり失礼ですよね。
自分たちだって別にそんなイイ女じゃないだろ?と思いますけど。」(27歳/商社)

「イイ男がいない」という台詞を使っている女性はイイ女には見えません。

モテモテだった女性の先輩が「出会いなんて道端を歩いていても落ちている」と言っていたことがありますが、相手の良いところを見つけることができる女性こそイイ女であり恋愛が寄ってくる女性なのではないでしょうか?

2.「どうせ私なんか…」

「褒めても「私なんて」とネガティブに返してくる子はちょっと。
1回なら謙遜していてイイんですが、毎回「私なんて」ばかり返されるともう褒める気も誘う気もなくなります。」(25歳/大学院)

自分のことを卑下してばかりいる女性は、イイことがあっても恋愛のチャンスが訪れてもそれに気づかず、「それには裏があるはず」「どうせ今だけ」などチャンスを逃してしまいがち。
自分に自信を持ち、チャンスを見逃さない女性になりましょう。

3.「誰か紹介して」

「ちょっと可愛いなと思っている子と飲んでいる時に「誰かいい人紹介してよ」と言われて「えっ…俺は恋愛対象として見られてないの?」と思ったことがあります。
そうしたらもう彼女のことは恋愛対象として見れなくなりました。」(27歳/公務員)

この台詞を男性に向けて使ってしまうとNG。「えっ…俺はだめなの?」と思わせてしまう可能性もあり、身近にいる相手の良いところを見つけることができない女性には紹介したくないと考える男性は多数。

「紹介して」という言葉は気軽に使わないようにして、「お互いの友達も呼んでみんなで飲もうよ」などのほうが良さそうです。

4.「なんで〜してくれないの?」

「知り合いの女の子で「なんでやってくれないの?」とよく言っている子がいますが、なんかイラっとするんですよね。
やってもらえることが当然と思っているような気がする。絶対これ以上仲良くなろうとは思わない。」(25歳/アパレル)

この言葉は自分のために周りが動いてくれて当然と思っているからこそ出てくる言葉。

「やってもらって当たり前」と思っているような女性に惹かれる男性はいないので、恋愛も男性も遠ざかってしまいます。
「ありがとう」をたくさん使える女性でいましょう。

おわりに

うっかり日常的に使ってしまっている言葉はありませんでしたか?

言葉には魂が宿ると言われているので、言っている自分も聞いている相手も心地よい言葉を使うことで、ステキな恋愛をゲットできるといいですね。

(栢原陽子/ライター)

関連記事