2015.07.11

期待してOK?男子が本命女子にだけすること・4つ

好きな男子の一挙一動にドキドキする片思い期は確かに楽しいですが、同時に「この人、私のことどう思っているの?」と、頭を悩ます女子も多いんじゃないでしょうか。
なるべくなら早く相手の脈アリを察知して、ラブラブカップルになりたいですね。

そこで今回は、「男子が本命女子にだけすること」を調査してきました。もしこれらの行動があったら、期待してOKかも?

1.デート中に、次会う日が決まる

「好きな子ができると、次はあの店行きたいなとか、あの場所連れてってあげたいとか、一緒に行きたいところだらけになるんです。
さりげなく『イタリアン好き?俺いい店知ってるから次行こうか』と、次の約束を取り付けます」(24歳/不動産)

本命でない女子には、自分の都合の良いときだけ会いたくなり、本命の女子に対しては、すかさず「次は、次は」とその日のデート中に提案する男性が多いようです。

そして、自分のお気に入りのお店に案内し、その子の喜ぶ顔が見たいんだとか。

2.やたら水族館に誘ってくる

「本命の子とは、絶対に水族館に行きたい。あとはプラネタリウムとか遊園地とか。
日中に遊ぶ健全なデートで、一緒に笑えたら最高に幸せだと思うから、夜に遊ぶのは付き合ってからにしたい」(21歳/学生)

本命女子とは、夜より昼に会いたいとの意見が多くありました。別にお酒がなくても、ムフフなことをしなくても、好きな子と2人で居れるだけで楽しいんですって。

彼から昼デートにたくさん誘われるようだったら、また、自分から誘っても断られなかったら、大事にされている証拠だと言えそうです。

3.趣味を寄せてくる

「相手の女子がどういうことが好きなのかとか、すっごく気になる。
その子がかっこいいって言うファッションはマネしちゃうし、むしろ服とか選んでもらう」(21歳/学生)

少しでも良く思われたい気持ちから、本命女子の趣味に合わせて自分を変えてしまったりもするそうです。
「私、短髪の男子が好きなんだよね」と言ってすぐ、その男子が髪をさっぱりするようなら、脈アリ度はかなり高いですね。

4.忙しがらない

「どんなに忙しくても、本命の女の子との予定を最優先させます。
大量の仕事が溜まっていても、その子から誘われたらなんとかする。忙しいから無理なんて絶対に言いません」(24歳/証券)

忙しさを理由に誘いを断ることは、本命女子には絶対にしないのだそう。

もしどうしても外せない用事があったとしても、「その日はダメだけど、来週ならいつでも」と、フォローを入れるのだとか。そこまでして会いたがってくれるのは、女子冥利に尽きますね。

おわりに

いかがでしょうか。とにかく会いたがってくれたり、自分を大切にしてくれてるなあと感じるのなら、かなり彼の本命度は高いということがわかりました。

彼の行動をこっそりチェックしつつ、着々と彼女の座につく準備を進めていきましょう。

(倉持あお/ライター)
(こいずみさき/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事