2015.07.16

リッチなカレでもイライラ?「カレの奢り♪」じゃなくて「自分で払うべきもの」5選

こんにちは、ぽこひろです。みなさんのカレは、デートのとき夕食などをおごってくれる人ですか?だとしたら、それは結構なことです。喜ぶべきでしょう。

しかし、それに甘えてなんでもかんでもおごってもらおうとすると、さすがにリッチで太っ腹なカレも、「それはお前で払えよ……」とイラッとしてしまうかも。

そこで今回は、20代男子30人に「いくらカレがおごってくれても、さすがに自分で払うべきもの」について聞いてみました。

1.コンビニ

「帰り道とかでするちょっとしたコンビニとかスーパーとかでの買い物。あれはさすがに自分で払ってほしいかも。
レストランとかはおごってもいいけど、そういう日常生活で買ったりするものは、各自出すべきじゃない?」(営業/26歳)

むしろ金額が大きいからこそ、男子としてはおごりがいがあるのかもしれませんね。
安いものをバンバンおごらされると、なんだかパシられているような気持ちになるんだそうです。

2.化粧品

「さすがにメイクに使うもんは全部自分で払ってよって感じ。
『私がかわいくなるんだからいいじゃん!』って言われて、さすがにキレそうになった」(公務員/25歳)

ぽこひろはよく知りませんが、最近のお化粧品はとても高いと聞きます。
自分では買えない、買ってほしいと思う気持ちはわかりますが、たしかにカレに払わせるのは違いますよね。

3.交通費

「ウチに来る交通費とか、そういうのは我慢して払ってほしいよね。
だって、そこまで出したらもはやデリヘルとかそういうお客さんと嬢みたいな次元の関係になっちゃうよね」(営業/25歳)

まあ、帰りが遅くなったということでタクシー代を出してあげるくらいならわかりますが、デートのための交通費まで請求されると完全に同伴とかそういうお仕事的なニオイがしてきてしまいますよね。

4.手料理の食材費

「彼女は料理上手だから、手料理作ってもらうのは大好き。
でも、その材料費を払ってって言われると、ムカつくというか悲しい。そういうのは、普通請求しなくない?」(映像関係/27歳)

手料理とは、文字通り彼女がカレのためにイチから作ってあげるもの。自分のお金で材料を買って、一生懸命作ってくれるから嬉しいし美味しいわけです。

その材料を払えと言われたら「そんなんなら外食でいいです……」って感じですよね。

5.旅行代金

「ありえないくらいアンビリーバボーだったのは、一緒に台湾行くお金を出してくれって言われたとき。
『だって私お金ないもん』ってさ、そういうのは人から払ってもらって行くもんじゃないよね? 貧乏とか金持ちとか関係ないし」(大学生/22歳)

これは……。その旅行の最中、いっさい自分が行きたいところには行かず、常にカレにご奉仕し続けるという、そんな覚悟がない限りは許されない発言でしょうね。

おわりに

いかがでしたか?ぽこひろも基本、カレにおごらせるのはレストランでの夕食代など、デートのなかで一番お金がかかる場面だけに限るべきだと思います。

さもないと、カレがお金を出せば出すほど「カレがあなたをお金で買っている感」が出てしまいますからね。

(ぽこひろ/ライター)

関連記事