2011.01.27

くすんでしまったシルバーアクセをピカピカによみがえらせる裏ワザ

シルバーのアクセは、つけているうちにだんだん黒っぽくくすんでしまいます。

そのため、専用のクリーナーが売られていますが、細かいチェーンや細工をすみずみまで磨くのはとっても大変!

しかも、クリーナーはシルバーそのものを削ってしまうので、細かい細工が消えてしまうこともあるんです。

でも、この方法を使えば磨く必要もなく、新品同様にピッカピカになります。

シルバーを削ってしまわないので安心です。

黒ずみやくすみの原因

お店で見ると一点の曇りもなく、とてもキレイなシルバーのアクセ。

でも何回か身に着けているうちに、くすんできて黒っぽくなってしまいます。

その原因は銀の化学反応。

 

空気中に微量にある硫化物と銀が反応して、硫化銀という黒い物質が表面を膜のように覆っていきます。

 

空気に触れている銀の硫化がどんどん進み、しまいには黒い汚れが銀の輝きを覆い隠していくわけです。

温泉では、お湯が硫黄分を多く含んでいることがあります。温泉に行ったらシルバーアクセは必ず外すようにしましょう!

汚れの取り方

黒ずみやくすみをとるために、硫化した銀をもとに戻してあげます。

重曹とアルミ箔を使って、ちょっとした化学実験のつもりで試してみてくださいね。

市販のクリーナーや磨き布は硫化銀の部分を削って、硫化していない下層の銀を露出させることで輝きを取り戻します。一度に削るのは少しの量ですが、長年の間に細工が消えてしまうこともあります。
**この方法は純銀のみに有効です。**

<準備するもの>

・コップやおわん

・アルミホイル

・重曹

・湯


<やり方>

1.コップやおわんの内側を、アルミホイルでくるみます。

2.重曹をティースプーン1杯程度入れ、湯を入れて溶かします。

3.黒ずんでいるシルバーアクセを液につけます。

4.しばらくすると、気泡が出てアクセサリの汚れが落ちます。左がクリーニング前、右がクリーニング後の写真です。

 


換気をよくして、溶液に直接さわらないようにしましょう。
宝石がついている場合、傷める可能性があるのでこの方法は不向きです。


なぜ汚れがとれるの?

硫化銀になると、銀の原子は電子を奪われた状態です。

そこで、銀よりも電子を放出しやすいアルミを使って、銀に電子を供給してあげます。

すると、硫化していた部分は追い出され、硫化水素として銀から離れます。

 

このとき、アルミと銀の電子の受け渡しを可能にするのが重曹の水溶液。

温度を高くするのは、反応を速くするためです。

おわりに

シルバーのアクセがくすんでしまうのは、空気と触れて空気中の硫黄分と反応するため。

 

ですから、収納するときはなるべく空気に触れないようにします。空気を遮断するように、アルミホイルやサランラップに包んでおくといいでしょう。

 

くすんでしまったシルバーアクセが眠っていたら、この方法でシルバーの輝きをよみがえらせて見てくださいね。

関連記事