2015.07.17

彼女との初エッチで男性がドン引きしちゃうこと・4つ

好きな人との初エッチって緊張しますよね。まだ付き合ったばかりだと、お互いに遠慮してしまい、どことなく気まずい雰囲気になることも多いものです。

初々しさゆえの失敗なら彼も「かわいいなぁ~」と許してくれますが、セックスマナーとして常識を欠いているのは、さすがの彼氏もちょっとドン引きしてしまいそう……。

今回はそんな恋人との初エッチで、男性が絶対に許せない女子のNG行動についてリサーチしてみましたのでご紹介します。

1.体臭がキツイ

「ドライブの途中で彼女にキスをしたら、夏場のせいか彼女の体からツンとしたニオイが……。
ホテルに行くつもりだったんですが、どうも気分が乗らず、その日は解散しました」(24歳/営業)

体臭で気分が削がれてしまう男性は少なくないみたい。特に夏場は汗をかくことで、体臭がキツくなりがちですよね……。

彼とのデートの時は、前もってシャワーを浴びておいた方が良さそう。
仮にエッチする雰囲気にならなかったとしても、エチケットとして清潔感は徹底しておいて損はないはずです。

また、たとえデート中に汗をかいてしまっても、お手洗いに行ったときに汗ふきシートで拭いておくなど、デオドラント対策を徹底することで、彼に幻滅されることを防げるかも。夏場汗をかくことが多い女子はぜひ注意してみて。

2.スマホを気にする

「仕事の電話だったら仕方ないけど、『暇だったから友達とLINEしてた』っていうのは寂しいかな。せっかくふたりっきりなんだから、その雰囲気を楽しみたい。俺が単に嫉妬しているだけかもしれないけど……」(23歳/大学院生)

特にエッチ前は雰囲気作りが大切です。なんとなく電気を暗くして、ソファに二人で座って…と、彼がムード作りをしている中でうっかりスマホに手を出してしまうと、彼は「誰かとメールしているのかな?」「俺とのエッチよりスマホしていた方がいいのかな」と感じてしまうかも……。

どうしても用事がある場合は、「ごめん、ちょっと仕事先から連絡が来ちゃって……」とひと言断っておくと、彼も余計な心配をしなくて済みそうです。

3.喘ぎ声が嘘っぽい

「『感じなきゃいけない』っていうプレッシャーのせいかな。以前付き合っていた彼女が『そんなに喘ぐの?』ってくらい喘いで、ちょっと引いた……。
マグロなのも嫌だけど、もっと自然にエッチしたいです」(23歳/製造)

彼の反応に答えようと、なんとか感じる努力をしよう……と、つい頑張ってしまう女子は多いはず。特に経験が浅いうちは、彼とちゃんとエッチできるのか、あれこれ考えてしまいますよね。

だからといって、変に感じているフリをしたり、大袈裟に反応してしまうと、男性も「演じてるんじゃ……」と勘繰ってしまうみたい。

初エッチは緊張して当たり前なので、感じる感じない云々よりも彼とできて嬉しい気持ちを第一に考えると、彼も「満足させなきゃ!」というプレッシャーにかられず、お互い自然にエッチができそうです。

4.無理な要求はしない

「『もう終わり?』『もっとしようよ』と、急に不機嫌になってせがまれた時はビックリした。エッチ好きなのは構わないけど、意外とわがままなのかな……って、イメージダウンだった」(22歳/大学生)

初めてのエッチはお互いをまだ深く理解できていないこともあり、満足いかないことも多いものです。でも、それをあからさまに態度に示したり、口にしてしまうと、男性は「満足させられなかった……」と傷ついてしまいます。

回数が少ないうちは「今日はありがとう」「またしようね」と謙虚な姿勢で、彼との時間を楽しんでみて。
回数を重ねていけば事の運び方が慣れていくので、彼からも「次はもっとこうしよう」といった、工夫がプレイにも表れてくるはずですよ。

おわりに

いくらお互いに想い合っている恋人同士でも、エッチをするにあたって最低限のマナーは必要です。

こうしたポイントはきちんと守りつつ、彼とのエッチを楽しんでくださいね。

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事