2011.01.27

恋していなくてもバレンタインを楽しむ方法

「彼氏も好きな人もいない私には、バレンタインなんて関係ないっ!」と思っているあなた。でも、そう決めつけるのは早いのです。年に一度の女の子のためのスイートなイベント、せっかくだから思いっきり楽しみませんか?




ここでは、「恋をしていなくてもバレンタインを楽しむ方法」をお伝えしていきます!


バレンタインは色々なチョコが味わえるチャンス

外へ出ればどこもおいしそうなチョコがたくさん並んでいるこの時期。今じゃなきゃ食べられないような珍しいチョコや、キュートなチョコもお店に出回っています。自分のために買って食べちゃいましょう☆


普段は買わないような高級チョコやかわいい形のものなど、食べたいと思ったチョコは逃さない!たまには大人買いするのも贅沢です。

 

この機会に手作りチョコに挑戦してみよう

おいしいチョコをたくさん食べたら、今度はそれらを参考に、自分で作ってみましょう。 


手の込んだものじゃなくても、型に流し込むだけのチョコやクッキーにちょっとチョコをかけたりするだけでも、とってもかわいく仕上がります。

「友チョコ」で友情をあたため合おう

一人で食べて「あーおいしかった」じゃもったいない!と思うアナタ。 それなら、いつもお世話になっている友達とチョコを交換し合いましょう。


女友達に喜んでもらえるように…選ぶセンスも問われます。男の子にあげるのとは、また違った楽しさがあるかも☆


友達同士でチョコを交換し合ういわゆる「友チョコ」。普段はなかなかいえないけれど、いつも助けられて感謝している気持ちをチョコで伝えよう。

職場や仕事先の人とも距離を縮めるチャンス

チョコを渡して感謝の気持ちを伝えるのは友達だけじゃありませんよね。職場の上司や同僚など、普段仕事でお世話になっている人たちにも、手作りチョコで感謝の気持ちを伝えましょう。


男女関係なく、普段仕事でお世話になっている人にも、せっかくなので手作りチョコを渡しましょう。普段はなかなか仕事以外の話ができなかった苦手な先輩とも、甘いチョコをきっかけに打ち解けることができるかも。

バレンタインパーティを開いてみよう

クリスマスや誕生日など、自宅でパーティを開く機会は限られていますよね。でも、バレンタインだって立派なイベント。まだまだ寒い2月は他にイベントも無いし、みんなに喜ばれること、間違いなし☆


外は寒いし、友達や家族とチョコフォンデュパーティなんていかが?コタツに入って、甘酸っぱいフルーツをとろとろチョコに浸して食べれば、ほっこりあったか、ビタミンも簿級できて、寒い冬を元気に乗り越えることができるはず。

さいごに

バレンタインは、なにも恋している人だけのためのイベントじゃありません。友達や家族と楽しみながら、自分なりにハッピーなバレンタインを過ごせるよう、工夫してみてくださいね。

関連記事