2015.07.26

知ってしまった・・・!「彼が過去に乱交パーティに参加していた」とき、どうする?

人の性癖というのは、外見ではわかりません。つきあってみたら、意外な性癖があったということもあり得ます。
ただ、それを第三者から聞かされたときは、どうしたらいいでしょう。

「友だちの飲み会で知り合い、つきあって半年くらいになる7歳年上の彼がいます。私にとっては初めての恋人。会うたびに好きになるくらい、今は彼に夢中なんです。

でもつい先日、共通の知り合いと会ってわいわい話していたとき、彼が乱交パーティに参加したことがあると聞いて……。
彼はその場にいなかったし、話はそのまま別の方向に流れてしまったので、確認しようもなかった。ただ、私、すごくショックで」(21歳/専門学校生)

彼女にとって彼は初めての人、一方、彼は7歳年上。けっこう遊び人なのかもしれませんね。彼のショッキングな情報を知ってしまったとき、どうすればいいのでしょう。

1.証拠を確定させる

その話をした知り合いとコンタクトをとって、それは本当のことなのかどうか、再確認をとってみるのは、ひとつの方法かもしれません。
「あなたから聞いたと彼には言わないから」と言って。ただ、その人がこれは言ったらまずいことだったと感じて、何も話してくれない可能性もあります。

2.本人に聞く

いちばんいいのは、やはり本人にストレートに聞くことでしょう。

ただ、彼が「そんなのウソだよ」としらばっくれたら、話はそこまでになってしまいます。
あるいは、「うん、前に行ったことあるよ。それがどうしたの?」と開き直られたら、それ以上、追求する心構えはできていますか?

その自信がないなら、まずは静観という手もあります。彼のセックスへの考え方なども、少しずつ聞いてみながら、様子をみてみましょう。

3.まずは自問自答してみよう

頭がカッとなっている状態で彼に詰め寄っても、望むような答えは出てこないでしょう。

まずはぐっとお腹に力を入れて、この情報によって、自分がどういう気持ちになったのかを考えてみませんか? いろいろ考えられますよね。

彼が乱交パーティに参加していたとする。自分はそれについて嫌悪感がある。なぜなのか。「平気で、不特定多数の女性とセックスできる彼の人間性が信じられない」
「彼にとって、セックスは遊びなのか。そうすると私とも遊びなのか」
「私とつきあいながらも、彼はそういうことをしているのか」
「彼にとって、私はどういう存在なのか」
などなど。考えつくことを書き出してみましょう。自分が本当にイヤだと思うことの核心に触れるようなことを、どんどん書いていきます。

4.そして話し合おう

自分がどういうことで傷ついているのか、どういうことをイヤだと思っているのか。
そのあたりがはっきりしたら、満を持して彼と話し合ってみましょう。感情的になっても、男性には「ただの嫉妬ね」と思われるだけ。

論理的に、自分がなぜイヤだと思うのか、今はどう思っているのか、これからもするつもりがあるのかなどを、冷静に問いかけてみます。

彼がもし、それについて話し合う姿勢を見せなかったり、「うるさいな」という態度をとるようであれば、そういう男性とはつきあっても意味がありません。
さっさと別れたほうがよさそう。

ただ、彼が「自分にはそういう趣味がある」と告白されたときは、あなた自身も、どうするかが問われそうです。
そういう趣味がある人とつきあえるのか、あるいは一緒に楽しむ気があるのか……。そこからが、ふたりのスタートかもしれません。

おわりに

こういった性癖は一時的なものであるケースもあるし、一生変わらないこともあります。

彼が興味本位で参加しただけなのか、根っからそういう趣味があるのかも見極めながら、ゆっくりじっくり話をしたほうがいいかもしれません。

(亀山早苗/ライター)

関連記事