2015.09.04

星座グループの個性に迫る!風の星座はどんな人?

火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)、地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)、風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)、水の星座(蟹座、蠍座、魚座)……こうした星座グループを耳にしたことがある人もいらっしゃるでしょう。これらは、12星座を性格の違いから4つのグループに分けたものです。
各グループには3つの星座が割り振られています。同じグループの3つの星座は気質が似ていますが、異なる面も持っています。共通点を知り、共通点の中にある違いを理解して、各星座のユニークな個性に迫ってみましょう!
4つの星座グループを4回に渡ってご紹介します。

風の星座とは?

 風とは、流れる「風」と「空気」です。時代の流れ、風まかせ、空気のような人など、「流れ」や「風」「空気」を思い浮かべると、それらは大抵「風」のイメージに結びつくでしょう。日常に流れる風の噂やニュースなども意味し、情報を知識としていかし、流れに乗ることにも紐づけられています。
 風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)は、知的で適応力が高く、変化を乗りこなします。風に吹かれるままに身をひるがえして、後腐れなく去って行くでしょう。臨機応変なアイデアマンですが、「明日は明日の風が吹く」という根なし草のような面もあり、新しもの好きです。束縛を嫌い、長続きしない恋を重ねる人も多いでしょう。交友関係を広げるのは、いつも変化を求めているからかもしれません。

双子座

 知性とコミュニケーションの星「水星」を守護星に持つ双子座は、風の星座の中で1番のおしゃべり。「そよ風」がそよぐように、人の間を縫って小話を披露します。「風の使い」となって方々に流れ行くことで、多くの情報や噂を伝聞し、「風の便り」としてどこかに運ぶでしょう。新しいことに敏感で、タイムリーに流行を発信する存在です。好奇心旺盛で楽しいことが大好きですが、軽い人と思われることも。

天秤座

 「金星」を守護星に持つ天秤座は、風の星座の中でもっとも高い美意識を持ちます。風に吹かれながらもよろめくことなく、バランスをとるでしょう。対人関係で社交性を発揮し、人からの好感度は抜群です。一方、人の話しに合わせるために会話の風になびき、八方美人になることもあります。流れる風の中で中庸ポイントに陣取るのは難しいのでしょう。自分の意見を示せなくなることもあるようです。

水瓶座

 変化の星「天王星」を守護星に持つ水瓶座です。風の星座の中でも、「強風」や「突風」のようなインパクトを持っています。慣れ合いやマンネリを嫌い、自らが変化の元凶になることもあるでしょう。自由な精神を持つ個性派で、「台風」のような人です。知性が高くシニカルで、理屈や屁理屈をこねることもあるでしょう。風で舞い上がりたいのか、UFOや宇宙への関心も高い人が多いようです。

おわりに

「風の星座グループ」はいかがでしたか? 頭の回転がはやく、機転の利く風の星座です。変わりたいのに変われないときや、突然の出来事にうろたえているというときには、強い味方になってくれるでしょう。次回は「水の星座グループ」をご紹介します!

(LUA/ライター)

関連記事