2015.07.28

彼とケンカをしてしまった時の上手な仲直りのしかた・4選

彼のことは大好きなのに…ついついしてしまうケンカ。ケンカすることは悪いことじゃありません。

でも一刻も早く彼と仲直りをしたい…そんな時に必見の「シチュエーション別仲直りの仕方」をお伝えしますね。

1.ケンカ中に仲直りする方法 その1

彼と口ゲンカをはじめちゃったけど…途中でふと冷静になって、今すぐこのケンカをやめたいなと思うことってありませんか?そんな時には………素直に彼に謝ってしまいましょう!

ここでポイントになるのが、ただ謝るだけではなく「こんなこと言えるのはあなただけなの!だからついつい色々言っちゃった。ごめんね!」みたいな感じで、あなたが“特別な存在だから”自分の気持ちをどうしても伝えたくて色々言っちゃったんだよ!という思いが彼に上手く伝わるように謝ることです。

彼が大切という気持ちを伝えることで、彼もあなたに対して、色々と言ってしまったことを反省しケンカ前よりももっと愛おしいと思うようになるはずです。

2.ケンカ中に仲直りする方法 その2

1と同様、ケンカの途中でこの不穏な空気をどうにかしたいなと思ったら…
ケンカの途中にいきなり「もう!なんでわかってくれないの!?チューするよ!!」とか「もうバカ!チューするよ!!」というように「チューするよ!!」を言ってみましょう。

色々ひどいことを言ってしまったけど、でも、あなたのことが大好きなんだよ!という思いを彼に伝えるための方法です。ケンカは大好きだからこそしてしまうもの。
大好きなのに自分の気持ちが伝わらない、わかってくれない、そんなはがゆい気持ちからのケンカって多いですよね。

ケンカしてしまったとしても、好きな気持ちを彼に伝えることで、ケンカが二人の絆を深めることになりますし、不穏だったその場の空気も急に楽しい感じに変わりますよ。

3.ケンカ後に仲直りする方法

ケンカをしてしまったけれど、謝るタイミングを逃してしまった…そんな時は、彼が欲しいものをこっそり買って、気付くところにそっと置いておきましょう。あ、ここでのポイントは「安価なもの」ということ。
彼が好きなお菓子や、彼が好きな缶ビールとか、500円以下くらいが丁度いいんです。

私もついこの間、主人と些細な事でケンカをしてしまったのですが、その翌日、ふと冷蔵庫の中を見た時、前日にはなかった私の大好きな果物(イチゴ)とミルクティーが置いてあったことがありました。

主人が気を使って私の好きなものをあれこれ考えながら買ってきてくれたんだな…と想像したら、なんだかとても幸せな気持ちになりました。

もし、彼とケンカしちゃったけどなかなか謝るタイミングが見つからない時は、言葉ではない「ごめんね」の気持ちを伝えてみるのもいいですよ。

4.絶対に謝りたくない時…

「私は絶対に謝りたくない!」そんな時は…何事もなかったように振る舞いましょう。
ケンカって時間が解決してくれることも多いんですよね。

だから、ケンカをしたことを振り返ることは一切やめて、彼に対して、ケンカについては全く触れずにいつも通りの日常でいつも通りに明るく振る舞いましょう。

ここで重要なのは、一度飲み込んだケンカは「あの時は◯◯って言ったでしょ?」みたいな感じで後日ぶり返さないということですよ♪

吉井奈々からのメッセージ

ケンカって辛いけど、二人の絆はケンカを繰り返すことでより深くなっていくんですよね。

ケンカをしても一緒にいたいと思う相手が、本当に大切な人です。ケンカを怖がって自分の感情を我慢するのではなく、ぶつかっていいんだよ。

「人と仲良くなるためには相手の喜ぶポイントよりも怒るポイントを知る」ということはとても大切なんだ。
喧嘩して仲直りしてを繰り返して、それでも一緒にいたいと思える間柄になれる二人になれたらいいですね!

(吉井奈々/ライター)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事