2011.02.01

上手に「女性らしさ」を見せる!上品にセクシーさをアピールするには

男女はお互いに、それぞれ自分には無い部分にセクシーさを感じます。 ですから、無理やり強調しなくても、ちょっとしたところからセクシーさというのはアピールできるものです。

 

  

着席する時は、お尻を片方づつ意識

椅子に座る時は、真上からドカっと腰を下ろすのではなく、左右どちらかのお尻を横から椅子に滑り込ませるようにしてみましょう。

 

車の助手席に乗り込む時も、同様に、頭から先に突っ込んでいかないで、お尻から。

上品な色気が出せますよ!

優雅な指使い

手や指の所作は、とても目立ちますし、女性らしさを強調することができます。

何か手に取る時などは、親指・人差し指・中指の三本だけを使うようにしてみましょ う。 自然とエレガント、かつ、色っぽい指使いになります。

 

 

視線や目元の動き

  • 【上目使い】などはセクシーの定番ですが、【伏し目】からの【上目使い】は、振り幅が大きい分、さらに印象的。

 

  • 男性と目が合った瞬間に【素早くまばたき2回】して、含みのある目つきや、恥じらいなどを表現。

 

  • マスカラやゴミなどを気にして、指先で、睫毛や目元をちょっといじる仕草で、程よいセクシーさを醸し出す。

 

…などなど。目は顔の中でも最も目立つパーツです。 些細な動作でも印象付けやすいので、どんどん目で語っていきましょう!

 

スカートにこだわる

女子にとって、【スカート】、【ワンピース】と、【チュニックワンピ】のヒラヒラは大差無いですが、実際のところ、レギンスやタイツを下に穿いてしまうことで、かなり男子を意気消沈させています。

 

チュニックは、ニセワンピ!と肝に銘じて、スカートで男子をときめかせましょう。

 

膝上丈は短すぎて自信が無い、という場合は、座った時に膝小僧がチラリと覗くくらいの丈で!

チラリズムで

やはり、見えそうで見えないくらいが絶妙なのです。

【美乳】だからといって、やたら胸元を強調するのはあからさま過ぎて逆効果だったり、自分の価値を下げてしまうことにもなりかねません。

鎖骨半分くらいが覗く服を選ぶようにしたり、ぴったりしたカットソーやTシャツを着ながら、上になにかを羽織る…、などなど、自分なりの絶妙ポイントを探していきましょう。

 

シースルーは好みが分かれるので、取り扱い注意!

鎖骨美

【微乳】の人にも、強力な武器があります。 胸・お尻・脚などの陰に隠れて忘れられがちですが、【鎖骨フェチ】は意外とたくさんいます。 胸の大きい人は肉付きもよく鎖骨が埋もれてしまっている場合が多いもの。 胸元に自信がないからといって、頑なに隠さず、くっきりキレイな鎖骨を見せていきましょう。

視線を誘導する

男性の側としては、面と向かってジロジロ女性の体の細部を見るのは、ちょっとはばかられます。

そこで、その日身に付けているものを中継地点にして、『これ、買ったばかりなの』、『お気に入りなの』などと言いながら、男性の目線をさりげなく誘導してあげましょう。

 

  •  ピアス、ネックレス → 耳、首筋
  •  指輪   →   手、指
  •  靴    →   脚、足首

 

一瞬まじまじと凝視することで男性はドキッとし、一瞬だけなので、『もっと』という気持ちにもさせられてしまいます。 自分で自信のある部位があれば、重点的に誘導していきましょう。

 

ついでにファッションの好みも伝えられるので、いつか素敵なプレゼントをもらえる・かも!?

ポイントは…

☆ さりげなく

 

☆ 押し出し過ぎず

 

☆ 上品に!

関連記事