2015.08.04

短命恋愛は卒業したい!恋愛を長続きさせるコツ・4つ

恋愛が長続きする人もいれば、すぐに終わってしまう人もいます。
熱しやすく冷めやすいタイプの人は、最初は「彼がいないと無理!」というくらいに夢中になりますが、すぐに燃え尽きて関係が終わってしまいがち。

逆に言うと、そこまで熱い想いがなくても、彼との関係を大切にしている人は恋愛が長続きしているようです。

どちらが良いということはありませんが、今回は「いつもすぐに飽きちゃう、飽きられちゃう、別れることになってしまう」というかたのために、「恋愛を長続きさせるコツ」についてインタビューしてきました。

1.ライフスタイルの変化に柔軟になる

「長い間付き合っていると環境の変化が絶対生まれます。学生ならクラス替えがあったり、社会人でも転勤があったり。
そういった変化に柔軟になれるかどうかで長続きできるかどうかが変わる気がします。」(25歳/営業)

長く付き合っていると、就職や転勤、引越など様々なイベントがあります。
その時に「ライフスタイルが変わったから、なんだか2人の関係がうまくいかなくなった」となるのは寂しいですよね。

そうならないために、変化に柔軟でいることが必要。
「今まではこうだったから」と過去の幸せに囚われることなく「ここからまた2人で新しい関係を築いて行く」という気持ちでいましょう。

2.最初に盛り上がり過ぎない

「私は熱しやすく冷めやすいタイプだったので、付き合い始めは常に一緒にいたくて。
でもそれだとすぐに飽きちゃうので、最近は最初に盛り上がり過ぎないように、相手のことを知り過ぎないように、逆に相手に飽きられないように気をつけています。」(26歳/ダンサー)

恋愛は最初はドキドキして全てが楽しいものですが、初期段階で相手の全てを知ってしまうとそれ以上に知りたいと思う欲がなくなり、お互いに早い段階で飽きが来てしまいます。

盛り上がり過ぎず、小出しにしながら付き合って行くことで、彼に常に新鮮さを与え、「まだ知らない部分があったとは?!」と思ってもらうことができます。

3.見た目を保つ

「恋愛し始めのドキドキの時はオシャレにも気を遣うしダイエットも頑張れるんですが、付き合いが長くなると手を抜いてしまいがち。
そうなると、相手もだらけてくるし、お互いに恋愛モードが冷めてしまうので、せめて見た目は手を抜かないように気をつけています。」(27歳/デザイナー)

付き合って3ヵ月ほどして関係が落ち着いてくると、彼の気持ちを引き止める必死さもなくなり、外見をキープするのに手を抜いてしまいがち。

3ヵ月ほど経つと男性も狩人精神がなくなってくるので、その時に彼女が手を抜いていると浮気される可能性が高まります。

心では安心しながらも、彼をつなぎ止めるために見た目を保つのは大切なことと心得ておきましょう。

4.1人の時間をつくっておく

「いつもべったり一緒にいると飽きがくるのが早い気がします。適度な距離感を保っておいたほうが、あったときの喜びも大きい。
なので私は毎週末デートよりも、隔週くらいにしています。」(24歳/派遣)

付き合い始めはいつも一緒にいたいと思うかもしれませんが、いつも一緒にいるとだんだんと飽きてきます。「遠距離恋愛の方が離れている時間が2人の関係をより強いものにしてくれる」という言葉もあるように、一緒に過ごせるからと言っていつも一緒にいるのではなく、1人の時間を作ってお互いに飽きないようにしましょう。

おわりに

いつも気持ちが冷めてしまう、いつもすぐに飽きられてしまうというかたは上記のことを参考にしてみてはいかがでしょう?

恋愛を長続きさせるためには、自分の気持ちを保つこと、相手にも最初と変わらず好きでいてもらうこと、この両方が大切です。

(栢原 陽子/ライター)
(吉次玲奈/モデル)
(まつきりな/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事