2015.08.07

結婚願望あり!なのに「気づいたら私だけ独身」にならないための今からできる婚活5つ

未婚率は年々上昇していて、アラサーアラフォーで婚活に奔走している人々がいる・・・といった情報は若いあなたのところにも届いているのではないでしょうか。
いずれは幸せな結婚をしたいと思っているけど、できるかな?と不安になりませんか?

あなたが結婚するかしないかは神のみぞ知るところですが、将来結婚したいのであれば今からできる婚活があります!既婚女性の声から学びましょう。

1.料理の腕を磨く

「寿退社して専業主婦になった先輩は料理が好きで、男は胃袋でつかむの、とよく言っていた。
確かに、幸せな結婚をしてる芸能人のブログを見るとおいしそうな手料理の写真をよくアップしているよね、と思って私もコツコツ料理教室に通いました。
今は新婚生活を満喫中で、彼や私の友人を招いて手料理をふるまっています。」(28歳/アルバイト)

家庭的だから結婚しやすいとは言い切れませんが、料理が好き、得意な人にいい結婚をする人が多いように思います。もちろん料理以外の家事も得意なら尚良いです。

結婚したいけど料理が嫌いなのであれば、料理好きな男性を選ぶ、またはお手伝いさんがいたり常に外食させてくれるような男性を選ぶという手段もありますのでどうぞ。

2.結婚相手の条件を考える

「某俳優の大ファンで、10代の頃からその人と結婚するってよく言っていました。
俳優さんとは結婚できなかったけど、似たタイプの人と結婚しました。私のイマジネーションが引き寄せた結果かな、なんて思っています。」(26歳/OL)

欲しいものがあるなら、具体的に想像することで不思議と叶いやすくなります。結婚相手の条件は高めに設定しちゃいましょう。

年をとるにつれ、あまり大それた条件はかかげづらくなりますが、若いあなたは身の程知らずなんてことは気にせず大きな夢を持ちましょう!

年収何億のイケメンで性格もいい人と結婚できる可能性だって、あなたにはあるのですから。

ただし最終的には条件にこだわり過ぎず、直感でいいと思った相手を選ぶのが良いと思います。それでもきっとあなたの想像とかけ離れた相手にはならないはず。

3.女子同士でばかりつるまない

「独身の時は女子会が楽しくてよくやっていました。出会いがない、いい人がいないなんて話をよくしていて、彼氏持ちの子はいない子に気をつかって彼氏の悪口ばかり言っていた。
こんなネガティブな集まりに参加していたらますます彼氏ができなくなると思って、参加する頻度を少なくしました。
その後彼氏ができて結婚して、女子会はだんな持ちの人とたまにするかな。」(30歳/主婦)

女子に人気のお店に女子と行って、ガールズトークをするのって楽しいですよね。ふとまわりを見ると、女、女、女・・・女同士の客しかいない。
こういう状況がしょっちゅうあるようだと、男性と縁遠くなっていくことが懸念されます。

彼氏がいるならいいのですが、いないまま女子に囲まれていては、女子ウケばかりする女子になっていくので、恋愛という面においては、あまりうれしくない結果を招きます。

時には男性好みのファッションで、男性の視線を意識するような場にくり出しましょう。男ウケする、結婚を望まれる女性に近づくはずです。

4.今付き合っている彼氏と結婚できるか判断する

「学生の頃付き合っていた2コ上の元カレは、就職してから仕事が上手くいかないと愚痴ばかり。
辞めようかどうか、ずーっと悩んでグズグズしている彼に嫌気がさし、私が就職して会社の先輩に口説かれたこともあって別れる決意をしました。
優柔不断な元カレと付き合っていたら、いつまでも結婚出来なかったんじゃないかな。」(29歳/主婦)

彼氏と共有してきた時間は大事で、別れることを考えるのはつらいでしょう。

しかし結婚を考えると、彼氏としては良くっても、結婚には不向きな男性もいます。結婚したいあなたにとっては残念な話ですが、結婚願望の無い男性というのも世の中にはいます。

付き合っている彼と結婚できない、またはしたくないとわかったなら、程よいところで冷静に見切りをつけましょう。大事なのは彼の幸せより、あなたの幸せなのですから!

5.人の幸せを祝福する

「20代後半、友達はほとんど彼氏がいて結婚する子もいる中、私は彼氏がいなくて。
でも不思議と嫉妬とか焦りの気持ちはなくいずれ何とかなると思っていて、友達の結婚式には何をおいても出席していました。私も去年めでたく結婚しました。」(32歳/編集者)

花嫁の投げたブーケを受け取った人が次の花嫁になる、というジンクスは有名ですよね。他にこんなジンクスをご存知でしょうか?
花嫁を最も祝福した人が次の花嫁になる、というものです。

人の幸せを自分のことのように喜べる、心のきれいな人が幸せになる、という深い話だと思います。
あなたの友達にステキな彼氏ができたら、幸せを分けてもらうつもりで祝福しましょう。内心嫉妬があってもOKなので、態度だけでも祝いましょう。

おわりに

必ずしも結婚=幸せというわけではありませんし、あなたが結婚したいと思わないならしなくて全くかまわないのです。

もし結婚願望があるならば、一度は結婚してみてもいいと思うので婚活について提案させて頂きました。良いご縁が訪れますように。

(恋愛ウォッチャーaYa/ライター)

関連記事