2015.08.17

目指すは何年たってもバカップル!彼とラブラブを長続きさせるコツ・4選

彼と何か月後も何年後も「付き合いたて」くらいにラブラブしていたいですよね。
その為には、自分が彼にやってほしいことを求めてばかりじゃ成り立ちません。
彼が望んでいることを自分からしてあげることも大切です。

今回は、彼女にして欲しいと思っている彼の本音をまとめてみました!

1.受身じゃだめ

「俺から彼女にくっつきに行ったり抱き付いたりしに行くけど、彼女の方からも来てほしな。
彼女が酔っぱらうと、すごい甘えてくるんだけど普段からそれくらい甘えてくれてもいいくらい!」(22歳/学生)

いつも彼からのスキンシップを待っているばかりだと、彼は不満気味かもしれません。
彼女の方から積極的に甘えてきてほしいと思っている彼氏は多いので、思い切って自分から甘えてみましょう!

2.隠し撮り

「俺が寝てる写真とか隠し撮りを結構していたみたいで、以前俺の隠し撮りフォルダを見せてもらったときは驚いたな(笑)
でも「俺のことどんだけ好きなんだよ!」ってめっちゃ嬉しかった!」(20歳/学生)

カメラ目線の写真も思い出になっていいですが、隠し撮りも相手にとっては良いサプライズになります。

隠し撮りを加工して相手に送ったり、相手に見せることで「黙って写真を撮っちゃうほどあなたのことが好き」という気持ちを伝えましょう。あなたのかわいらしい行動に、彼はもうメロメロ間違いなし!

3.愛情表現

「付き合った当初は恥ずかしがってなかなか「好き」とかって言ってくれなかったんだよ。
でも、最近は警戒心を解いた猫かのように甘えてくれるし「大好き」って言ってくれるから、俺も大好き!!」(21歳/学生)

愛情表現ちゃんとしてますか?言わなくてもわかってくれるという考え方は、恋人間で一番危険です。好きな相手に好きと素直に伝えることができれば「最近恋人との関係が冷めてきた」なんて状況は回避することが出来るはずです。

4.報告はマメに!

「普段あまり会うことが出来ない距離にいて、夜電話したりLINEで毎日連絡するようにしてるんだけどね。
彼女が「コンビニで目の前の人が君の好きなパン買っていて、君の事思い出しちゃったよ」「有線で君の好きな歌が流れていたから、ドキッとした!」って俺にまつわる小話をよくしてくれるのが嬉しい!
いつも俺の事思い出したり考えているんだなって思うと、愛おしい、早くあいたい」(22歳/学生)

会っていない時も自分のことを考えてくれているなんて嬉しいですよね。彼に伝えなくてもいいような話でも、彼の話は何でも話してあげてください。
「自分がいないところでも俺の事想ってくれているんだな」とあなたへの愛情が深まります。

おわりに

いかがでしたか。意外と簡単なことばかりですよね!簡単で些細なことの積み重ねが「ラブラブ」を長続きさせる秘訣です。

「恥ずかしい」と今まで受身だったり彼任せにしていたこと、これを機に大胆になってみてはいかがでしょう!

(佐久間 優/ライター)

関連記事