2015.08.17

大事なのはトレンドじゃない!デートで男性が喜ぶ服装とは?

男性と女性とでは、見ているところが全く違います。たとえば女性はトータルコーディネイトでお洒落しますが、男性は自分の「女性の好きな部分」、すなわち顔や“○○フェチ”の部分に集中的に目がいきます。
女性が時間をかけてチョイスした小物やアクセサリーなんて、ほとんど気付かないそうですよ。

そこで今回は、“女性のセンス”について男性がどのように感じているかを、筆者が企業のメンタルカウンセラーをしていたころ集めたデータの中で、20代男性の意見で圧倒的に多かった4つをご紹介しましょう。

1.許容範囲はとても広い

どんなにおしゃれな男性でも、男性のセンスと女性のセンスは別物です。男性にとって女性のセンスは初めから「よくわからないもの」なのです。

一般的に「可愛ければ何でもいい」「似合っていれば何でもいい」との見解がほとんどでした。時には例外もいますが、女性の服装にうるさい男性は、モテない人が多いようです。
でも、どうでもいいわけではありません。男性にも譲れない点があるそうですよ。

だらしなかったり、汚らしかったりするのは論外だそうですよ。寝癖がついていたり、洋服にシミがついていたり、ヨレヨレだったりするのは、「女性として終わってる」と思うようです。
ですから、トレンドでもだらしない感じのデザインのものはデートではなく、女子会の時に着ていきましょう。

2.ブランドやトレンドは男性にはわからない

女性に人気のブランドだから、男性に好評だとは限りません。男性に人気の服は、あなたに合った「かわいい」「似合っている」TPOに合った服だったら何でもいいのです。

男性は、人気のブランドよりも、あなたの雰囲気やかわいさ・美人なところを引き立たせる服装が大好きなようです。

3.体型カバーよりも明るい雰囲気の服がおすすめ

男性は、顔と自分の好きな部分、全体の雰囲気を見ています。
たとえば、「太っているから」という理由で引き締まって見える暗めの色を選ぶ女子の声を耳にしますが、太っていても体型を強調してしまっても、芸人の渡辺直美さんのように明るい雰囲気の女性の方がモテるようです。

それに、女性の「太ってる」感覚は男性のそれとはまったく異なるのです。
ヒップとウェストが10対7の黄金比なら、女性が太っていると思っても、男性から見ると、グラマーだったり色っぽいと感じてスタイル良く見えるそうですよ。

また、全身黒でもカッコよく決まっていているのなら良いのですが、暗い・地味……と感じさせるだけの服は、あなたの性格が暗く地味なのだと勘違いされてしまいます。

とくに痩せ型体形の女性の黒づくめは体型が貧弱に見えてしまうそうです。

4.ナチュラルな雰囲気が人気

男性は、色っぽすぎたり、極端に濃いお化粧を嫌います。ガングロやギャル化粧は論外だそうです。何といっても男性には素顔が想像できる程度のナチュラルメイクが人気です。

ナチュラルが好きだといってもノーメイクはおすすめではありません。まるでお化粧しているかのように素肌がきれいだったり、お化粧すると派手になる美人さんだったら例外かもしれませんが、一般的にお化粧をした方がキレイなはず。
男性は、自分のために可愛く、キレイにお洒落してくれている女性の努力に愛を感じるらしいですよ。

服装も同じです。レアな趣味や色っぽすぎたりTPO似合わない服はNGなんですよ。「自分のためにお洒落してくれている」という気遣いが男性を喜ばせます。

上から下まで決まっているスタイル抜群な美人さんの方が「美人」だと目を引くかもしれませんが、彼女に選ぶのはナチュラルな雰囲気の、優しくて癒される女性なのだそうです。

おしまい

よほどひどくない限り、清潔感のある、あなたに似合った服装であれば、男性はそれでいいらしいですよ。

デート服は、あなたに一番似合った服装を!“今年のトレンド”も取捨選択して、あなた流のお洒落を見つけてくださいね。

(鶴山あずさ/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事