2015.08.20

逆に非モテ!?男子が「俺には高嶺の花だ……」と手を引きがちな女子の特徴・5つ

こんにちは、ぽこひろです。
たいていの男子は「負け戦」というものを嫌います。

なので、かわいい女子に対し「俺には無理だな」と感じれば、頑張らずに手を引くことが多いです。
その男子が、ドMか、ただの自信過剰か、それか正真正銘の王子様でない限りは。
こうやって、ルックスも内面もいいのに敬遠されてしまうのがいわゆる「高嶺の花」。

聞こえはいいですが、実際にはモテていないわけですから、なんにも誇れることではありませんよね。脱すべき状態でしかありません。

そこで今回は、20代男子40人に「『俺には無理……』と手を引いてしまう女子の特徴」について聞いてみました。

1.海外経験あり

「帰国子女とか、留学とか、海外住みの経験がある子はちょっと無理だな。コンプレックス感じてしまうから」(公務員/24歳)

日本人って、海外に対してコンプレックスを持っている人が多いですよね。
とくに男子はプライドが高いですから、自分にはない海外経験を女子が持っていると、ちょっと卑屈になってしまう人が多いようです。

2.年上と付き合ってた

「自分よりも年上の人と付き合っちゃうような女子って、ちょっと『タメの男子とは付き合えないわ……』みたいなオーラだしてる人が多いイメージだな……」(大学生/21歳)

これも、男子ならけっこうあるあるな話です。「タメなんてアウトオブ眼中」的な感じが出てますよ。古いですかね、この言い方。

3.元カレイケメン

「元カレがカッコいいやつだったりしたら、確実に無理(笑)。絶対に比較されるから」(電器屋/26歳)

男子は、元カレとの比較が大嫌いですからね。
しかもこの比較はかなり残酷。彼女だけでなく、彼女の周囲の人間からも、「元カレのほうが……」なんて思われるんですからね。苦行ですよ。

4.お嬢様

「典型的だけど、良家の子。理想も高そうだし、親も結婚とかを認めてくれなさそう」(大学生/22歳)

これは古典的な意味での「高嶺の花」ですね。これ以外にも、「お泊りとかダメな子が多いから」などの現実的な理由を挙げた人も多かったです。

5.同時に複数の男子からアプローチ

「モテる子は、嫌だよね。そりゃ付き合えたらいいなとは思うけど、付き合ったあとも、いつ奪われるのかって不安と戦い続けるなんて、つらい」(教員/26歳)

これが、多くの男子が「そこそこかわいい彼女」を求める理由かもしれません。手に入れるということは、失うリスクを背負うということ。
失うリスクが大きそうな女子は、敬遠対象ですね。

おわりに

いかがでしたか?正直、これら5つどれも、自分の手で直したりすることはできません。すべて揺るぎない事実ですからね。

でも、上手に事実を隠したり、「そんなことないよー!」と不安がらないように否定したりして、なんとか「あの子は、高嶺の花」と思われないようにしたいです。冒頭でも書いたように、「高嶺の花」なんてただの非モテですから。

(ぽこひろ/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事