2011.02.10

いっしょに毎日がんばろう!子供が進んで片付けや勉強をする方法

「あれしなさい」「これしなさい」「あれはやったの?」

などとついつい子供に口うるさくなっちゃうことがありますよね∑(; ̄□ ̄A

子供も渋々といった感じでやっている・・・。

 

自分で進んでやってくれたら嬉しいのになぁと思っちゃいますね。

 

我が家では、息子が自分から進んでするようにさせる方法があります。

自分の子供は何ができるか考えてみましょう

 

自分の子供は一人で何ができるか考えてみましょう。

それをメモに書き出してみましょう。

とりあえず、思い浮かんだことを書き連ねましょう。

 

メモに書き出すことでわかりやすくなります。

子供に自分から進んでやって欲しいことを決めましょう

書き出したメモのリストの中から、

これだけは進んでやって欲しいことをチェックしましょう。

その中から、5~10個くらい選びましょう。

 

 

多過ぎると反対にやる気がなくなります。

「できたかな?」リストを作りましょう

 

見難いですが、うちでは10項目作りました。

 

(ちなみに、今年小学校入学なので漢字も増やす予定です)

お母さんもチェックして、結果を子供と話し合いましょう

子供にチェックをつけさせて見て終わりではなく、

お母さんチェックというのもつけて、

子供が自分でチェックしたものと照らし合わせましょう。

 

そのときに、お母さんのチェックはなぜこうなのかをきちんと説明することが

ポイントです。

そうすると、子供も次から気をつけようとしてくれます。

習慣づけをさせましょう

今日は忙しいからいいや。今日は面倒だからいいや。

これでは意味がありません。

毎日続けることが大切です(そのためにも、最初に決めておく「できること」の数は、

多すぎないように、毎日できる量にしておきましょう)

 

最後に、

我が家ではこのチェック表から話題が膨らみ、

子供とのコミュニケーションにも役立っています。

ぜひお試しください♪

関連記事