2015.08.27

気になる男子とのあいまいな「今度飲みに行こうね〜」の約束を実現させる方法・5つ

みなさんも、気になっている男子と遊びに行こうと思っても、「じゃあ今度行こう!」と、「今度」とか「いつか」の約束をするのがやっと、ということはありませんか?
「今度」っていつくるんだろう……?って苦しいし、でも、どうしたらいいのかわかりませんよね。

だったら、ちょっと力技ではありますけど、「今度」を実現させちゃいましょうよ。一回でも会えば、「この子いいな」って思ってもらえるチャンスはあるけど、「今度」のままなら、それもできませんから。

そこで今回は、20代女子20人と一緒に「『今度飲みに行こうね〜』を実現させる方法」について聞いてみました。

1.「ここ行きたいの!」

「私だったら、『ここのお店行きたい! 予約していい?』って強引に言っちゃうかな。それで断られたら、もうどうやっても無理かと(笑)」(大学生/21才)

「今度ね」ってことは、正直自分と飲みに行きたいって本気では思ってないってこと。それは受け入れないといけません。そのくらいの気持ちなのに、向こうから積極的に誘ってくるのはかなり望み薄。

だったら、あなたから攻めましょう。そのひとつとして、具体的にお店を提案するのは、かなりいいと思います。男子は「女子のために店選んでやるのめんどいな」って思ってる人も多いですからね。

2.4人で

「あんまり乗り気じゃないってことは、私と2人きりだからだと思うの。だったら、いきなり2人きりは諦めて、ダブルデートみたいにするとかどう?」(美容師/25才)

2人きりよりも、3、4人のほうが男子もプレッシャーが少なくて済みますし、「あいつ来るなら行きたいかも」ともなりやすいです。数の力ですね(笑)。

3.突然誘う

「意外に、『今日の夜空いてる?』とか言う突然の誘いも有効だと思うよ」(営業/24才)

たしかに、「この子で、週末の予定一日潰すのはもったいない」と思われてるから、「今度」なのかも。

だったら、平日夜とかに突然誘うのはありかも。「今日夜、暇だわ」ってことはけっこうありますからね、人って。

4.誘い続ける

「持久戦はどう? 何回もダメ元で誘い続けると、『そろそろ行ってあげないとまずいな……』ってなって、来てくれるときあるよね」(薬局/26才)

これもなかなか強引です。でも、男子の「悪いな」って気持ちをうまく利用して最終的にはデートにこぎつけられるいい方法ですね。

5.「◯日ヒマ?」

「日付だけ言って、その日がヒマかどうか先に聞くの。正直、ルール違反に近い方法だけど、なにもせずに諦めるよりマシじゃない?」(営業/23才)

たしかにこれは、かなりズルい方法。「ヒマだけど、なに?」と言ったあと、「2人で飲もう!」と言われて断るのはほぼ無理ですからね。
でも、この子が言うように、諦めるよりは悪あがきです!

おわりに

どうでしたか? 「今度行こうね〜」はかなり微妙なライン。脈アリと脈ナシの瀬戸際です。

でもだからこそ、あなたの頑張り次第とも言えますね。失敗をおそれず、チャレンジしてみましょう。それでダメなら、完全燃焼できますから。

(遣水あかり/ライター)
(平尾優美花/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事