2015.08.30

彼氏ともっと仲良くなれるテッパン会話術・4つ

お互いの仕事が忙しいと、なかなか会えずについ気持ちがすれ違ってしまうことってありますよね。
なかにはLINEで小まめにメッセージを送ったり、電話をかけてなんとか彼との時間を増やしている女子も多いのでは?

株式会社ドゥ・ハウスが未就学の子供を持つ20~60代の男女に「夫婦の会話」についてアンケートを行ったところ、子供が生まれたあと相手への愛情が増している夫婦は、会話の満足度も高いという結果が出たそうです。

男女の仲において、いかに「会話すること」が大事かわかりますよね。
そこで今回は、恋人との仲をもっと深めるための会話術についてリサーチのもと、まとめてみました。

1.多忙でも今日遭った出来事は必ず話す

「私は今日遭った出来事をLINEで送るようにしています。
彼も最近は、それに応えるように仕事が辛かった時は愚痴るようになってくれたので嬉しいです」(25歳/販売)

連絡を取り合う頻度が少なくなってしまうと、彼がどんなことを考えているのか不安になってしまいますよね。
女子のなかには浮気を疑ってしまったり、「ほかに気になる人ができたのかな……?」と、心配になってしまう人もいるのでは。

そんな不安を解消するためにも、1日の出来事を話し合うのを習慣にしてみて。仕事が終わって家に帰宅する間、朝起床してすぐなど。
お互いの仕事が忙しいカップルほど、空いている時間を見つけて連絡を取り合うことが、関係維持につながりそうです。

2.会話を楽しくする努力をする

「ネガティブなことを話すと空気が悪くなっちゃうので、ポジティブなことを話題にします。でも、真面目なことは真面目に話しますよ」(24歳/製造)

当然ながら恋愛は楽しいものですよね。付き合うのが辛くなったり、相手とのやり取りが面倒くさくなってしまうと、途端に別れ話が持ち上がるもの。

そうならないための手立てとして、ひとつは会話を楽しくすることが大切です。
彼と一緒にいて幸せ、彼と連絡のやり取りができて嬉しいといった気持ちを大事にすることで、関係を長続きさせることができるはず。

時には考え方の違いで喧嘩することもあるかもしれませんが……。
口調を怒りっぽくせず、相手がしてくれたことに「ありがとう」と素直に感謝するなどして、関係に亀裂が入るようなことを前もって防ぐことも大事です。

3.彼を誉めてあげる

「彼が仕事に追われている時は、『お疲れ様』『大変だね』と励ましてあげる。
彼が料理を作ってくれた時は、『すごく美味しいじゃん!』『どうやって作ったの?』と聞きながら褒めてあげます」(26歳/IT)

付き合いが長くなってくると、お互いに遠慮がなくなって小言や嫌味をつい口走ってしまうこともありますよね。でも、彼といつまでもいい関係を築きたいなら、悪いところよりも良いところを気に掛けてあげて。

彼が頑張っていることは素直に褒めてあげて、彼を上手にサポートしてあげられる女性になること。そうすれば男性はあなたとの関係に居心地の良さを感じて、結婚も視野に入れて考えるはずですよ。

4.無理に会話をつなげない

「男性って疲れている時、話を振られるのを嫌がりますよね。
彼の顔を見て『疲れているなぁ』と感じる時は、何もいわずソッとしておくことも大事な会話術じゃないかな」(24歳/メーカー)

彼に話を聞いてもらいたいからと、話を遠慮なしに振ってしまうことってありませんか?

特に女性は話したがり屋なタイプが多いので、無理に話題を振って彼をイライラさせないように注意しましょう。

おわりに

いかがでしたか。付き合っているとお互いに好きの気持ちが強くて、こうした気遣いをつい見失ってしまいがちです。

恋愛感情に流されず、一度冷静になって考える癖をつけながら彼との付き合いをより充実させられるといいですね。

(柚木深つばさ/ライター)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

【参考】
夫婦間の会話の満足度は平均62.4%。会話量は、平均15~30分、休日1時間~3時間が最多。(株式会社ドゥ・ハウス)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000011141.html

関連記事